ドコモのイッキューパって何?簡単解説~一休さんではありません~

2019年7月19日

一休さんを知っている世代だったら何が悪い!

好き好き好き好き好きっ好き 一休さん!
新潟では夕方の再放送枠でよく放送していたものです。30年以上前ですが。

軽快なリズムに合わせて変な被り物をするCMが月から流れていますが、
docomoの安く使える料金を宣伝しているCMですね。

ぼくは家にテレビがないので、電車のCMでしか見ていないのですが、
意味が分かりません。音声がないとCMの魅力(?)も半減してしまいます。

それに若い人たちは一休さんなんてわからないと思いますので、
更に意味不明なCMになっています。
ターゲットをぼくと同じ40代にして訴求しているのかもしれませんね。

そして、何がどう1980円になるのかわからなかったので、調べてざっくりまとめました。.

1980円にたどり着くためにはハードルがありますので、少しずつクリアしていきましょう。
一番目が一番大変なのですが…。

詳しいことが知りたい方は専門サイトがあると思いますので、そちらにジャンプをお願いします。

まずはドコモの継続利用期間を15年にする

ドコモ一筋15年!ですね。
長い。長いですよ。
でもこれで900円の割引が受けられます。
15年も使ったら2000円くらい割引してくれてもよさそうなものですがね。

そして家族を3人にする

1980円は一人で実現するものではなく、一人あたり1980円というていで実現されます。
最低料金が5940円で、それを3人で分割するから5940円÷3で1980円という理屈です。

1人だと最低料金は2480円どまりです。まぁまぁ安い料金ですね。

docomo with対象スマホを買う

1980円は全てのスマホで実現できる料金ではありません。
docomo with 対象スマホをまず購入する必要があります。

なぜ買う必要があるかというと、docomo with対象スマホを購入して、適用プランを申し込んだ時に受けられる
1500円割引を適用させるためですね。

docomo with 対象機種を買って割引が適用されるプランを選択すると未来永劫1500円引きです。docomoが撤回すればなくなりますけどね。

対象プランに申し込む

1500円割引が適用されるプランの中で一番安い「シンプルプラン」と「ベーシックシェアパック」に加入します。他のプランは高くなるのでダメです。

電話もネットもしない

シンプルプランは無料通話がありません。なので、電話をこちらからかけると1980円が実現できません。また、シェアパックで5GBまでデータ通信ができますが、3人で5GBまでなのです。足並みをそろえて無駄にデータ通信を行わないようにしないといけません。長時間の動画視聴などもってのほかですね。

まとめ

なんだか安くするためのプランではありますが、行動が制限されるのが辛いです。

だったら無理にドコモでスマホを使わなくてもよいのでは?と思います。

ぼくは格安スマホの楽天モバイルに加入していて、データ通信3GBと電話で月額が1900円くらいですね。


もしよろしれば楽天モバイルチェックしてみてください。