【Illustratorこれどうやるの?010】メッシュツールによるグラデーション【AI】

2020年4月19日

前回のあらすじ

グラデーションパレットの機能を使ってグラデーションを作ってみたものの、他の方法がないか模索してみるのであった。
前回はこちら
【Illustratorこれどうやるの?009】フリーグラデーションを使う【AI】

メッシュツールによるグラデーション

メッシュツールを使います。

今回の参考素材はこちら
https://www.photock.jp/detail/softcream/317/

作り方はこちらを参考にしました。
https://bulan.co/swings/adobe-mesh/


では、下絵を配置します。

「ファイル」→「配置」から配置したい画像を選択します。

えっ。参考画像と色味が違うって?
色があると難しかったからモノクロにしたんだよ!

ベースの四角形を描く


四角形ツールを使って四角を描きます。


ドラッグすればいいだけですね。

メッシュツールの使用


メッシュツールを選択して四角に近づけます。


アイコンに(+)が表示されたところでクリックします。


ラインが追加されメッシュ化されます。


大雑把に分割しますが、必要ないところはAlt(Option)キーを押しながらクリックすると削除できます。

メッシュの塗りの非表示(アウトライン表示)


メッシュは塗りをなしにできないので、

レイヤーの目のアイコンをCtrlを押しながらクリックしてアウトライン表示にします。


塗りが非表示になりました。ここから調整していきます。

メッシュ形状の変形


四角いメッシュ(メッシュの横線は削除しました)を稜線に沿って変形します。


色の変化が急激なところは、メッシュを追加して、メッシュ間の幅を狭くします。

メッシュの塗りを表示して、下絵から色をとれるように下絵を横にずらします。

メッシュの色もわかりやすいように白にしておきましょう


メッシュツールやダイレクト選択ツールでメッシュポイントを選択します。

その後、スポイトツールに持ち替えて画像から色を適用します。
スポイトツールでShiftを押しながらクリックすると画像から色を抽出することが出来ます。


こつこつポチポチしていくと、こんな感じになります。

写実的なイラストを使いたいときはメッシュツールを使うのも一つの方法ですね

次回

次回はブレンドツールを使ってグラデーションを作ってみたいと思います。
お楽しみに!
次回はこちら
【Illustratorこれどうやるの?011】ブレンドツールによるグラデーション【AI】

Illustrator解説まとめ

解説まとめのページは以下のリンクからどうぞ