特殊詐欺ってどんな詐欺?内容を知って未然に防ぐ02-オレオレ詐欺について-

2019年7月19日




前回は特殊詐欺の概要を見ましたが、オレオレ詐欺以外はあまりなじみがないのではないでしょうか。
報道に出てくるのもほとんどがオレオレ詐欺ですね。
そういったことも踏まえてみていきましょう。

オレオレ詐欺が特殊詐欺に占める割合

前回、平成30年の特殊詐欺被害額は363.9億円と書きましたが、その中で振り込め詐欺の被害額は356.8億円で98%が振り込め詐欺に分類されます。

振り込め詐欺は約半分がオレオレ詐欺

文字や数字が小さくて見えないかもしれませんが、色で見ていただければ大丈夫です。えんじ色の部分がオレオレ詐欺です。

引用:平成30年における特殊詐欺認知・検挙状況等について警察庁HPより
平成30年中の振り込め詐欺16314件中9145件(56%)がオレオレ詐欺です。

引用:平成30年における特殊詐欺認知・検挙状況等について警察庁HPより
平成30年中の振り込め詐欺の被害金額356億円の中の約189億円(53%)がオレオレ詐欺です。

なので、単純にオレオレ詐欺の発生を減らすことが出来れば、被害に遭う人もかなり減らせることになります。

オレオレ詐欺被害者は繰り返し狙われる

オレオレ詐欺を含む振り込め詐欺被害者は、騙しに成功したターゲットとして繰り返し狙われてしまいます

1回が50万円だとしても(50万円も大金ですが)、それが何回も続けば相当の額になってしまいます。
初回の犯罪を未然に防ぐことが、振り込め詐欺の被害を少なくすることにつながります。

振り込め詐欺について

オレオレ詐欺

親族や警察官、弁護士等を装って電話をかけ、会社の横領金の補てんや借金の返済等を名目に、現金を口座に振り込ませるなどの方法によりだまし取る詐欺。

出典: www.pref.tottori.lg.jp


家族が困っているので、何とかして解決したい、役に立ちたいという気持ちを利用しています。
あるいは社会的権威のある人を登場させることにより、信頼を得て、話を信用させる手口になっています。
また、大抵は失敗などによる損失の補てんというストーリーになっているので、失敗を周囲にさらしたくないという気持ちが周りに相談をするときのネックになっていたりします。
他には単身世帯を狙って、相談する人がいないことを調べ上げている場合もあります。

dummy

(RRRRRR…)はいはい今出ますよ…。(ん?番号非通知…) 

dummy

あ、オレオレ。お母さん?

dummy

あ、ひさしぶりね、どうしたの?

dummy

それがさぁ、言いにくいんだけど…車で事故を起こしちゃって…示談金で200万払わないといけないんだ…。
何とか工面できないかな…

dummy

えっ…?! あなたこの前車売ったじゃない。

dummy

えっ。あ、そうそう。だからレンタカー

dummy

レンタカーなら保険に入っているから保険でまかなえるわよ

dummy

お、お母さん…詳しいんだね。でも、謝罪の意味も込めてるから保険はきかないんだ。それに今日中にお金が必要なんだよ!

dummy

わかったわ

dummy

ありがとうお母さん。
じゃ、これからいう口座に振り込んでほしいんだけど…。

dummy

いや、私が一緒に謝ってあげる。
一緒に謝れば許してくれるわよ。
誠意は言葉ではなく金額なんだから。

dummy

お母さん、その使い方はこの場面では間違ってるよ…。

dummy

あと、あんた、番号非通知になっているわよ。
連絡先の番号教えなさい。
それとも携帯でいい?お父さんに相談してからかけ直すから。

dummy

…。
…。
いや、携帯も替えて非通知になってるのかも。
俺も替えたばかりだから番号覚えてなくて…。

dummy

そうかい。
今度いつ帰ってくるの?お父さんもあんたが帰ってくるの楽しみにしてるんだから

dummy

…。
…。
うん、そのうち帰るよ。
こっちからまたかけ直すね…。
お母さん元気でね。

オレオレ詐欺の対策

オレオレ詐欺の対策は以下の通りです。

・知らない番号からの電話には出ない
・オレが誰かを確認する
・「今日中」などと期限を切るのは詐欺の常とう手段
・名義が違う口座、よく知らない口座に振り込ませようとするのは詐欺
・誰かに相談する
・携帯を替えたと言われた時は元の番号に電話してみる
・一人世帯の場合はちょくちょく顔を出す

詐欺グループはプロなので接触を避ける

プロは会話のやり方にもきちんと理由があります。それは人の心理を突いたもので、電話をしている人(被害者)が自分で考えているつもりでも、誘導させられて行動させられているパターンがほとんどです。
知らないうちに深みにはまってしまっていることがあります。

会話を続けていると相手のペースに巻き込まれ、正常な判断力を奪われてしまいます。
そのため、プロに対抗しようとしても無理なので、接触を避けるのが一番有効な手段になります。

留守番電話を利用する

接触を避けるには留守番電話が便利です。
留守番電話のメッセージに

防犯対策で留守番電話にしています。御用の方はお名前と電話番号をお伝えください。こちらから折り返しお電話させていただきます

と入れておけば大丈夫です。
留守番電話機能を使うことで、

・相手のペースに巻き込まれない
・落ち着いて考える時間が出来る
・オレオレ詐欺なら証拠を残さない為に以後かけてこない

などのメリットがあります。

すぐに電話対応できないというデメリットもありますが、振り込め詐欺が心配な方は試してみてください。

迷惑電話防止の有料プランを使用する

企業が運営している有料の「迷惑ブロックサービス」というものがあります。
迷惑番号データと一致する番号から電話がかかってくると、呼び出し音を鳴らさずに着信を拒否する機能です。
panasonicが提供しているサービスで、月額で約700円ほど。

電話機の迷惑電話防止機能を使う

デジタルコードレス電話機 振り込め詐欺対策機能搭載

・非通知設定の電話番号は問答無用でシャットアウト
・登録してある番号かどうかでLEDの発光を変化
・相手の名前を聞いてから電話応答する機能
・かけてきた相手の名前や地域を音声でお知らせ

等が付いていて、電話に出る前に、色々準備させてくれる機能が付いています。

メーカーごとに機能が違うと思いますので、自分の好みの電話を見つけてはいかがでしょか。

オレは誰?


愛知県に住んでいた時によく見かけました。
愛知県警の振り込め詐欺の注意喚起ポスター。

オレって誰なんだ。
となかば哲学的な問いのように聞こえますが、電話の向こうの相手の確認は大事ですね。

オレオレ詐欺の被害に遭った人で「声が似ていたから信用した」という人も相当数いるようで、少ない手がかりで相手を判断してしまうと思い込みから抜け出せなくなってしまいます。

しゃべり方だったり、会話の内容がおかしいな、と思ったら相手を確認するようにしましょう。

期限を切ってくるのは、思考を焦らせるため

dummy

一週間以内にお金が必要なんだ!

dummy

今日中にお金が必要なんだ!

上の二つを言われたら、「今日中」のほうが切羽詰まっていて、急いで何とかしなくちゃと思ってしまうと思います。

今日中というように期限を切るのはタイムリミットを設けて焦らせる意図があります。
普段ならなんでもなくできるようなことでも、期限を設けてせかされると、失敗してしまいますよね。

また、締め切りを意識させることで、他の事を考えさせないという意図もあります。
頭の中で覚えておける事柄はせいぜい3つくらいまでで、そのうちの1つを締め切りに使われてしまうと、他の事を考える余裕がありません。

考える余裕がないという事は、誰かに相談するとかこれは詐欺かもと考えることも奪ってしまいます。

なので、「今日中」や「すぐに必要」みたいなキーワードが出た時に「これは詐欺?!」と反射的に考えるようにしましょう。

よく知らない口座に振り込まない

dummy

〇〇の口座に振り込んで!

ってよく考えるとおかしな話で、子供や親せきが困っているなら、まずその子供にお金を渡して、子供から相手方にお金を渡してもらうというステップを踏みそうなものです。直接知らない誰かにお金を送るなんてことはありえません

と言い切ってしまうのは、今冷静でいられる人の勝手な言い分ですよね。

切羽詰まって焦っていたら訳が分からなくなるのも当然です。

そこで、もう既にお金のやり取りの口座を作っておくのもよいでしょう。
ぼくが学生の頃は、ゆうちょの口座の中にお金を入れてもらっていましたが、困ったらこの口座に振り込むというルールを作っておけば、そのルールから外れた時に「ん?」と思えるかもしれません。

dummy

いつもはゆうちょに振り込んでというのに、なぜ今回はそんな訳の分からない口座なのかしら…

おかしいなと思えるひっかりを日常生活の中で作っておくといいです。

ちなみにこんな制度もあります。
預金小切手等を活用した特殊詐欺被害防止対策プラン

75歳以上の高齢者が、金融機関で300万円以上の出金をする場合に、現金の代わりとして預金(貯金)小切手による手続きをすすめる制度

出典: www.pref.shizuoka.jp


引用:ご存知ですか?預手プラン 静岡県警察HP

メリット

・名前を書いた受取人の口座にお金が振り込まれるシステム
・振り込みまでに時間がかかる→冷静になれる
・小切手を盗まれても犯人がお金に変えることがほとんどできない

デメリット

・振り込みに時間と手間がかかる
・場合によっては手数料がかかる

お金のやり取りにこういった仕組みを利用するのもオレオレ詐欺を防ぐ一つの方法になります。

誰かに相談する

誰かに相談することによって、オレオレ詐欺が発覚する場合は多数あります。
これは

・電話を受けた人よりも周りの人のほうが冷静
・冷静なので客観的な判断ができる
・相談しているうちに落ち着く
・当人も落ち着いたら状況を冷静に判断できる

という理由によります。

しかしながら、詐欺グループは相手に相談させないようなストーリーを作ってくることがあります。

若い男性の息子なら女性問題(妊娠)。
結婚を控えた娘なら結婚が破棄になりそうな出来事(犯罪など)をにおわせる。
などですね。

とても誰かに話せないような話…。
かもしれませんが、誰かに相談してみましょう。

近くに知り合いがいない…。という場合は、生活の安全に関する不安や悩みは警察相談専用電話 #9110というものがありますので、こちらに電話してみてください。

dummy

警察に電話したら大事になるんじゃないの…?

と心配するかもしれませんが、相談内容の中に

家庭・職場・近隣関係
職場・近隣・友人などとの対人関係、家庭不和、離婚・離縁など

がありますので、問題ありません。

それに

dummy

相談するところがない…

と悩むよりも

dummy

見当違いかもしれないけれど相談してみよう。

と考える方が前向きですし、心のよりどころがあると考えるだけで幾分か楽になります。
困った時は相談してみましょう。

「連絡先を替えた」時は元の番号にかけてみる

連絡先を替えたというのが本当ならば、元の連絡先は使えなくなっているはずです。
新しい連絡先を聞いた後に、元の連絡先に電話してみましょう。

時々顔を出す

遠方にご家族がいる場合は、会っていないことで詐欺集団に狙われることがあります。
ターゲット外に他の人の出入りがあれば、狙いにくくなります。

たまには顔を出してあげましょう。
親御さんは喜びますよ。

次回

次回は架空請求詐欺について書いてみたいと思います。