G123でアカウントをSNS連携してPCでもスマホからでも遊ぶ方法。連携すればデータ損失後の復旧も可能?

2019年11月22日




どこでもゲームしたかったら何が悪い!

という訳で、今回はビビッドアーミーを運営しているG123のアカウントを連携する方法を説明してみたいと思います。

アカウント連携で何ができるのか

アカウント連携でできることは以下の二つです。

  • データの保護
  • PC・スマホの両方でデータを引き継いでゲームのプレイ

データの保護

dummy

データの保護って何?

と思われるかもしれませんね。

G123の運営しているビビッドアーミーでデータ消失ログイン不可が起きることがあるんですよね。

そうなると、それまでプレイしていた環境が再現出来なくて、最悪最初からプレイをすることになります。

dummy

こわっ

始めて数日ならまだいいのですが、数週間、数か月遊んだデータが消えるのは怖い事です。

ファミコン世代ならドラクエ3で体験しているから問題ないかな?

ビビッドアーミー関連しか探していませんが、他のゲームでもデータが消えるかもしれないので、連携しておくと復旧が簡単と言いますか、運営に連絡が取りやすいと思います。

問い合わせの時に必要なのは以下の情報です。

  • CTW ID
  • ゲームID


ゲームデータが消える前にこれらをメモっておけば復旧に努力はしてくれる(確実に直るわけではない)ので、良いのですが、面倒な時は連携しておいた方が楽です。

PC・スマホの両方でデータを引き継いでゲームのプレイ

G123はゲームにアクセスするとIDが勝手に作成されて付与されます。
これって何気にすごいことで、他のブラウザゲームなんかだとメールアドレスの登録なんかがあるわけですが、その手間が一切なく省略されているんですよね。

でも、その反面、ゲームをプレイしている人の特定が苦手でもあります。
他のゲームでは本人だけが知っているメールアドレスとパスワードを使って本人の特定ができていますが、G123ではその手続きがないので、代わりにSNS連携を行っているのです。

パソコンとスマホからアクセスした時に、それぞれIDが割り振られるので、IDごとにデータが作成されます。

そうではなく、片方のデータを共通して使いたいわけですよね。

そこで、SNS連携を行うと、アクセスしている人を特定できるわけです。
名刺を持ったアクセスと言いますか、アクセスに名前を付けているようなイメージですかね。

PCでSNS連携をした後にスマホでSNS連携を行うと、G123のほうで、あっこれは同じ人!と認識して、IDに対応しているデータをスマホの方でも扱えるという事になります。

※イメージです。

実際のSNS連携手順

実際に連携の方法を見ていきましょう。

ID・ゲーム表示切替画面を出す


画面右に隠れているG123のマークをクリックします。

SNS連携ボタンをクリックする


SNS連携ボタンをクリックします。

連携するSNSを選択する

  • LINE
  • facebook
  • Twitter

のいずれかと連携できます。

画像では、連携してしまった後の画像なので「済」マークがついてしまっていますが、連携していない場合は全てに「!」のビックリマークが付きます。

LINEで連携


LINEの認証アイコンをクリックすると画面が変わります。
メールアドレスなどで認証してもいいのですが、面倒くさいので、下にある「QRコードログイン」をクリックします。

すると画面にQRコードが表示されるので、スマホでQRコードを読み取ります。

スマホ画面

スマホの画面ではログインするか聞かれるので、ログインをクリック。

その後、画面が切り替わるのでPCの画面上に表示されている番号を入力すると認証が完了します。

LINE連携でうまく認証できないとき


なんだかうまく認証できないときがあります。
この時は、ゲーム画面から離れてG123のトップ画面に移動します。

ユーザーのアイコンをクリックして

設定ボタンから設定してみましょう。

ぼくは、なんだかよくわからなくて、一回ブラウザを閉じてからまた開いたら勝手に認証されていたので、LINE認証を最後までやってダメだった時は一旦ブラウザを閉じるのもありかもしれません。

Twitterで連携

Twitterで連携する場合は先にTwitterの方にログインします。

先に認証してある場合


先に認証してあれば「連携アプリを認証」ボタンを押すだけですね。
楽ちん楽ちん。

facebookで連携

すんません、facebookは連携試していないです。申し訳ない。

ただ、facebookのアイコンをクリックするとログインのアドレスとパスワードを求められるので、ここに入力すれば大丈夫でしょう。
適当ですみません。

おわりに

SNS連携はひと手間ですが、データ復旧には必ず役に立つと思います。

運営されているG123もSNS連携をしてあるのが当然と思っていますので、SNS連携されていないデータの復旧は難しいと思っています。

大事なデータならSNS連携しておくと安心ですよ。

こちらの記事もどうぞ。

ビビッドアーミーの広告は詐欺まがい?残念!実はエッチなゲームじゃなかった!