「保護されていない通信」と出た時にXserverでSSL化して保護する方法を解説

2020年7月10日




保護されてなかったら何が悪い!

URLをふと見たら「保護されていない通信」と出て、ビックリマークがついていたりしませんか?
ぼくのこのサイトも「保護されていない通信」になっていたので、設定を変更してSSL化し、鍵をかけてみました。

今回はエックスサーバーを用いている人のSSL化の方法を解説します。

保護されていない通信


URLの部分に「保護されていない通信」と表示されます。

作業の流れ

作業の流れとしては

・Xserverで独自SSL追加設定
・Xserverで.htaccessを編集
・WordpressでURLの変更

になります。
順に見ていきましょう。

Xserverで独自SSL追加設定


Xserverのサーバーパネルのドメインカテゴリから「SSL設定」をクリックします。



SSLを設定するドメインを選択します。右側にある「選択する」をクリックします。



「独自SSL設定追加」をクリックします。



「確認画面へ進む」をクリックします。



「追加する」をクリックします。



SSL新規取得申請中です。と表示されたらOKです。



SSL設定の画面に戻ると「反映待ち」と表示されています。
いま行った設定が反映されるのを待っていますが、最大で1時間ほどかかります。

お茶でも飲んでリラックスしましょう。

しばらくして画面をリロードするか、画面を移動すると「反映待ち」の文字が消えます。
無事反映できたようです。

Xserverで.htaccessを編集


Xserverのサーバーパネルのホームページカテゴリから「.htaccess編集」をクリックします。



.htaccessを編集するドメインを選択します。右側にある「選択する」をクリックします。



「.htaccess編集」のタブをクリックします。


RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

上記のコードをコピーして差し込みます。

ぼくはこのように差し込みました。
#begin wordpressと#end wordpressの間に差し込んでおけば大丈夫かと思います。

元から何も書かれていなければ、コードを差し込むだけでよいと思います。



確認画面になるので「実行する」をクリックします。

以上で.htaccessの設定は終わりです。

WordPressでURLの変更


wordpressの設定の一般からURLを表示します。



URLのhttpのうしろに「s」をつけ足して「https」に変更して保存します。

以上でWordpressでの設定は終了です。

結果


サイトを表示した時に鍵マークが表示されてSSL化に成功しました。

やったー。

おわりに

この作業の中で.htaccessの編集だけは失敗するとサイトがおかしくなる可能性もありますので、.htaccessの内容をコピーして、いつでも元に戻せるようにしておきましょう。

お疲れ様でした。

他の関連記事

関連コンテンツ