おススメマンガ作品まとめ。【2020.02.15更新】

2020年2月15日

今までに紹介してきたマンガですが、体系的にまとめてわかりやすいようにしました。
ジャンル分けで間違っていたりするものもありますが、ご容赦ください。

推理マンガ

虚構推理


推理マンガというと、「犯人」や「トリック」を解明することに焦点があてられていますが、この作品はオカルトの力を借りて、主人公の岩永琴子は最初から事件の真相を知っています。
真相を知ったうえで、「なぜそのようなことになったのか」という動機や原因の部分の解明をロジックを積み重ねて行っていきます。

オカルトがあるのは本格推理ものじゃない!と思うかもしれませんが、論理の積み重ねが導く結論までの流れをお楽しみください。

約束のネバーランド


少しネタバレしますが、序盤の脱出までは頭脳戦、それ以降はバトルものになっている珍しいタイプです。
ただ、前半の脱出まではママとの頭脳戦であり、最初に読んだ時はその頭脳戦のイメージが強かったので推理ものにしました。

人外の生物が現れるので、人外の生物が出るのは推理ものじゃない!と思われる方は合わないかもしれません。

名探偵Mr.カタギリ


少し古い作品ですが、週刊誌の中で隔週連載を行っていたので1話の読みごたえは抜群です。
後半は週刊連載になったので前後編になり、ヒキのせいでテンポが悪くなったりしましたが、面白いですね。
現在はマンガ図書館Zですべて読めます。
作品へのリンクは上記記事内にありますので、良かったら読んでみてくださいね。

Q.E.D. 証明終了

十日町PのDTだったら何が悪い!
1970.01.01
十日町PのDTだったら何が悪い!
http://around40-dt-tokamachip.info/2020/02/15/post-6428/

マサチューセッツ工科大学卒業の天才少年・燈馬くんと行動力と好奇心を兼ね備えた水原さんのコンビが事件の謎に挑みます。
扱う題材は殺人事件だけではないので、殺人事件以外の謎も読んでみたいという方におススメ。

料理マンガ

ワカコ酒


お酒の好きなOL村崎ワカコが、お酒に関した料理を食べるだけのストーリー。
1話が数ページ程度の短さなので、スキマ時間に簡単に読めます。
お酒好きの人は読んだら共感できると思いますよ。

山と食欲と私


単独登山女子を自称するOL日々野鮎美ちゃんの登山と食の物語。

食べ物を食べるシーンはおいしそうで、自分も山に登ってやってみたいと思わせるには十分です。
登山よりも食事のほうに比重が置かれているので、本格登山マンガではなかったりします。

ミスター味っ子


マンガよりも、アニメの方が一般的には有名です。
でも、マンガの方も料理に対する工夫を謎にすることで毎回飽きさせない作りになっています。
作者の寺沢大介さんは実は料理はほとんどしないそうで、なんで料理マンガを描こうと思った?!と突っ込みたくなりますね。

ミスター味っ子以降も、将太の寿司や喰いタンなどの料理を扱った名作を世に送り出しています。
このふたつの作品も面白いです。

だがしかし


料理マンガと言っていいのかわかりませんが、駄菓子というお菓子に関してのうんちくを主人公のココノツとほたるさんが解説していきます。
みんなが知っているようなメジャーなお菓子から、あんまり知られていないようなものまで幅広く紹介しています。
主人公が高校生なので甘酸っぱい恋愛模様もあったりしますが、恋愛ものというほどの展開ではないので、やはり駄菓子メインかと思います

SFマンガ

少女終末旅行


世界観がすばらしい。
少女二人が行軍する世界は、未来を描いたものとはいえ、現実がそうなる可能性がある世界です。
ともすれば、絶望が漂う世界で自分らしく生きることや、自分には別の可能性があったのではないかと考えさせられる物語。
最終話は解釈がいろいろあり、その解釈しだいで自分の人生観が表れそうです。

日常系マンガ

34歳無職さん


自発的無職とも言うべき、無職さんの話。名前は出てこないので、無職の女性というくくりですが、無職だから先のことが不安になる。いろんな場面で節制する。無職になったことがある人ならわかる無職あるあるがあります。
ただ、働かなくてはいけない、という観念を持っていて辛いと感じたら、無職さんの生き方をみて「無職でもいいんだ」と思ってくれたらこれ幸い。

スポーツマンガ

あさひなぐ


スポーツ物は数あれど、なぎなた漫画はあまりないので、目を引く題材ではあります。
バトル漫画・スポーツ漫画は戦いやスポーツシーンを多く取り入れていますが、あさひなぐは選手たちの成長を描いている面があるので、試合は淡白と感じるかもしれません。
好きなことに全力を投じ、そこに感情を交えることができる若さをうらやましく思います。

バトルマンガ

鬼滅の刃


人気作になりつつありますが、世界観は暗く、人によっては面白いと感じないかもしれません。
ただ、苦しい環境や戦いの中でも相手へのやさしさを忘れない炭次郎を素敵だと思います。
現実でも争いは絶えません。でも、炭次郎のように憎むべき相手であっても、相手への配慮を忘れない気持ち、おそらく、現代ではいさかいをする人は持っていない人が多いであろう、慈しみの気持ちを感じると毒気を抜かれたような気持ちになります。

頭文字D


車漫画にしようと思いましたが、作中でもレースをバトルと言っているのでバトル漫画に。
とりあえず、ドリフトをしたくなるような作品です。
作中では遅い・非力とされるAE86を用いて主人公の藤原拓海が強敵にバトルを挑み勝利するさまは爽快そのもの。
絵がとっつきにくいと感じていても読んでいたら気にならなくなります。

ギャグマンガ

マンガで分かる心療内科


心理学を解説している風を装ったギャグマンガ。
いや、きちんと解説していますけれどね。
ギャグに全力をだしているので、もしかしたら心理学のほうは印象が薄くなっているかもしれません。

ギャグはエロよりのギャグが多いかもしれないので、エロ系のギャグが苦手な人は向かないも知れませんね。

恋愛マンガ

惡の華


これも恋愛カテゴリの中に入るのかわかりづらいですが、自分のことを理解してくれる相手と一緒にいるってやっぱり恋愛なんじゃないかなって思います。
それが多少ゆがんでいても。

あなたがしてくれなくても


セックスレスに悩む主人公の物語。
本の些細なことのしぐさだったり行動がリアルです。
相手に不信感を覚えるシチュエーションや幻滅するシチュエーションは実際に役に立つかもしれません。

恋と嘘


政府が結婚相手をマッチングすると言う設定の世界での恋愛漫画。
自分の気持ちで好きな相手を選ぶのか、マッチングされた相手を好きになっていくのか。
どちらの相手も魅力的で、どっちを選んでも幸せになりそうですが、読者目線だと何とかみんな幸せになってほしいなぁと思ってしまうシチュエーションです。

あせとせっけん


汗っかきをコンプレックスに持つ麻子さんと、匂いフェチの名取くんのラブコメディ。
麻子さんのピュアさと名取くんの思いやりになんだかきゅんと来てしまいます。
少しだけエッチな描写があります。
pixivコミックにて3話まで無料で読めます。リンクは個別記事の中にありますよ。

ギャンブルマンガ

100万$キッド


御曹司の二階堂ひろしがさまざまな相手とギャンブルで勝負するマンガ。
そのトリックは、実際に出来そうなものから、トンデモトリックまで色々あります。
ギャンブルと言っても、カジノで運営されているギャンブルを扱うので、花札とかチンチロとかはありません。

エッチなマンガ

ハレ婚。


一夫多妻制=ハーレム婚(略称:ハレ婚)が認められた世界で、多額のお金を出してもらう代わりにそのハレ婚の中に放り込まれた主人公。夫と他の二人の妻と一緒に暮らす4人の共同生活の行方を描いています。

ガイシューイッショク!


主人公の家に転がり込んできた美少女マンガ家と共同生活を送っていますが、気に入らないときは勝負で決着。
その勝負とは、相手のどこを触ってもいいのであえぎ声を出させたら勝ち、逆に勃起したら負けと言う単純ルール。
負けたほうは勝ったほうの言うことを聞くというこの勝負、勝敗はいかに?!
という感じですが、主人公はまけまくりです。
内容が内容なのでエロ描写はありますが、性行為を描いたりはしていないのでまだソフトな感じですね。