これが電子ドラッグ?!スパ帝のcivilization4動画を紹介

2020年7月3日

あと1ターンだけ・・・がエンドレスだったら何が悪い!

あと少しだけ、あと少しだけ・・・と思いつつ、やめることが出来ない状態ってありますよね。

今回は多くのPCゲーマーをとりこにし、眠れない夜を作ったcivilization4の動画を紹介します。

civilizationとは

civilizationはいわゆるシミュレーションゲームのくくりになりますが、自由度が高く、勝利条件も様々なものが用意されているため、繰り返し何度でも遊べるようになっています。

civilization4ではゲームの勝敗が決した後も、「あと1ターンだけ」という選択肢が出てゲームを続行することが出来ます。

詳しい概要

史実をモチーフにしたターン制のストラテジーゲーム。基本となるゲームの設計はストラテジーに多く見られる4X(探検・拡張・開発・殲滅)と呼ばれる作りになっているが、”相手プレイヤーを倒す”ことが目的ではなく、本作における勝利とは”文明の頂点”に立つということである。

そのため、自国の科学の発展から宗教や商業、文化の発展といった内政や、他プレイヤーの国、都市国家との外交関係、国際的秩序など様々な戦略を楽しむことができる。もちろん戦闘によって相手国を滅ぼすことで頂点に立つことも可能で、どのような勝利を目指すのかは、指導者になったプレイヤー次第である。マルチプレイを友達同士ですると友情崩壊すること間違いなし☆彡

初代「Sid Meier’s Civilization」は1991年に発表された。文明をテーマにしたストラテジーはこれ以前にボードゲームとして発表されていたが、現在のシリーズのゲームの設計はシド・マイヤー(Sid Meier)による本作が原点である。1994年にスーパーファミコン版、1996年にプレイステーション版が発売されている。国内ではPS版は「初代」とも呼ばれており、ここからハマったプレイヤーも多いだろう。

2015年3月現在ではPCタイトルを中心にCiv2、Civ3、Civ4、Civ5のナンバリングタイトルと、加えていくつかの派生作品が発表されている。シリーズの一部には拡張パックやDLCでゲーム機能の追加が行われており、導入することで、ゲームの機能が大幅に強化され、追加文明などの追加要素も楽しめる。近年ではCivは拡張パックが出てから本番とも言われている。

また、Civ4のオープニングテーマである「BabaYetu」はゲーム音楽としては初のグラミー賞を受賞した。

出典: dic.nicovideo.jp

スパ帝のココがすごい

今回のメインとなるのはスパ帝の動画です。
次の動画は初回動画なので、まだまだおとなしいスパ帝です。
このシリーズは第9回くらいから調子が出てきます(笑)

スパ帝の魅力となるのは以下の点です。

  • civilizationのスーパープレイ
  • 美声
  • ネタの絨毯爆撃
  • にじみ出る教養

最高難易度は難しい

スパ帝といっていますが、最初の方はニコニコ動画で「スパイ経済の人」として呼ばれていました。
そして、ゲームの最高難易度である「天帝」をとても簡単にクリアしているので、「スパイ経済の人」+「天帝」でスパ帝となっています。

ぼくもプレイしましたが、普通レベルの「貴族」でも慣れないうちは苦戦するほどです。
天帝は貴族よりも五段階も上のレベルで、それでもあっさりクリアしているのがすごい。

プレイ中にも、ネタを挟む間にサラッと攻略のネタを解説してくれたり、見ているだけで上手になったような気にさせられる動画です。
ただし、上手になった気になるだけなので、動画を見た後に実際にプレイするとなんだかすぐに全滅してしまいます。

声がいい

上の初回の動画では慣れていないのでちょっと暗く聞こえますが、段々調子が出てきます。

いい声で笑えるしゃべりをするので、たまりません。
「大事に酷使」「ルイージとルイージの兄弟でピーチを殴りに行く」といった名言がずらり。


スパイ経済の第15回↓では、般若心経をよどみなくすべて唱えるといった技も見せています。
般若心経は6:27~

般若心経が流れている際は、視聴者の「○○しますように」とお願いを伝えるコメントがずらりと並びます。


下の動画は単発回になりますが、初回の動画と比べると明らかに滑舌が良くなっているのが分かります。


科学と天文学を手に入れ、私掠船団の編成が可能になったローマ。今や略奪と蛮行の限りを尽くし、世界の海を嘆きと苦しみで満たす準備は万全だ!
というようなセリフをとても爽やかにしゃべるスパ帝。真面目な笑いというのを実践してますね(笑)


他にも声に出して読みたいブロント語も投稿していて、声の魅力を活かす動画づくりをされています。

いい声だと、その声を聞いているだけで楽しくなってきますよね。
一回動画を見て、内容を理解してから、次は音だけで楽しむという楽しみ方もできます。

ネタをこれでもかと詰め込む

発表の場がニコニコ動画という事もあって、アニメやゲームのネタを戦況に交えて詰め込んできます。
そのネタも、偏ったものではなくて、幅広い作品からとってきているので、どれだけ引き出しが多いんだよ!と思ってしまいますね。

思いつくだけでも

ガンダム
ダイの大冒険
FF7ダージュオブケルベロス
エヴァンゲリオン
SMAC
シムシティ
ZZガンダム
ファイアーエムブレム
スーパーマリオ
赤福
サガ・ミンストレルソング
ドラゴンボール
カイジ
ダンボ
小島よしお
ロマサガ3
FFタクティクス
ジョジョの奇妙な冒険
ポケモン

等のネタを絡めてきます。
そのネタを少し改変して、笑えるネタにするのが本当に上手で、すごいとしか言えません。

長編シリーズとしてはスパイ経済シリーズと大商人経済シリーズがありますが、大商人経済シリーズの方がネタが多めですね。

にじみ出る教養

スパ帝は、ネタを織り交ぜつつも、その発言や単語からかなり教養の高い人物だという事が推察されます。
能力が高い人が動画をネタまみれで作るとこんなに面白くなるのかと思わされました。


この動画を最後に長い尺の動画は投稿されていませんが、またいつの日か投稿されるのを楽しみにしています。

他の実況者の記事