薄毛対策は若い時からが効果あり?! ヘアロスに悩む女性の薄毛対策

2019年7月19日

髪が薄かったら何が悪い!

まあ、男性は最終的には坊主にすれば問題なさそうですが。

女性の方は「髪は女の命!」と言われるくらいですから、気にする方が多いかもしれませんね。

電車の車内広告で「もしかしてヘ・ア・ロ・スかもよ?」と挑発的な大久保佳代子さんが写っているものがあります。



こちらは東京ビューティークリニックという薄毛治療などを専門とした「女性の髪のクリニック」の広告です。
男性は不可のクリニックなんですね。

ヘアロスという言葉がわからなかったので調べてみました。

ヘアロスとは

ヘアロスとはhairがlossという意味で髪が少なくなる事全般(薄毛など)を指す言葉です。

「薄毛など」というのは、髪が薄いという症状のほかに、
抜け毛量が多い。
髪の毛が細い(ボリュームが少ない)。
生え際の後退。

などの問題も指しているからですね。

男性の薄毛とは症状が異なる

男性の薄毛はAGAと呼ばれ、特定の部分が脱毛、薄毛になることです。頭頂部や生え際が後退していきます。

女性の薄毛はFAGA(女性型脱毛症)と呼ばれています。
女性の薄毛は部分での薄毛ではなく、髪の毛全体のボリュームが減っていきます。
これは髪の毛が生えて抜けるまでのヘアサイクルと関係しています。

髪の毛は一本一本寿命がありますが、生え始めて、成長して伸びていき、やがて抜けてしまいます。
そして抜けるたびに新しい髪の毛が生え、抜けていくという流れを繰り返しています。
この流れをヘアサイクルというんですね。

このヘアサイクルの中で、髪の毛が成長していく段階の時にうまく伸びていかず、短く細い状態の時に髪の毛が抜けてしまうことがあります。そうなると太くて長い髪の毛の総数が減ってしまい、全体としてボリューム感が減ってしまいます。

薄毛や抜け毛が目立つようになってきてしまいます。

FAGA(女性型脱毛症)の原因

FAGAの原因とはつまり、ヘアサイクルが健康ではなくなることです。
以下のような原因が考えられます。
・ホルモンバランスの乱れ
・血流不全
・ストレス
・遺伝子要素
・冷え性
・シャンプー
・睡眠不足
・産後の分娩後脱毛症
など、多岐にわたります。

FAGAの症状

FAGAがどんな症状が表れるかと言いますと、まず先述したように髪の毛のボリュームが減ってきます。その後、頭皮(地肌)が見えてくるようになります。

そして、放っておくと、その薄毛が頭部全体に広がり、どんどん進行していってしまいます。

つまり、広がる前に食い止めることが重要ということになります。
若い時からFAGA対策が必要な理由がここにあります。

どの年代に現れるのか

薄毛なんて年配になってからの心配だろう。と考えているといつの間にかFAGAになっていたなんてことになるかもしれません。

20代から40代まで、程度の差こそありますが、どの年代でも現れます。
原因がどの年代でも当てはまることばかりだからですね。

会社勤めでも、専業主婦でもストレスのない生活なんてほぼありません。
女性は冷え性、つまり血管が未発達で、血流不全になる人の割合は多いでしょう。
ホルモンバランスも女性は生理がありますので、常に一定というわけにはいきません。

体に負担のない生活が遅れていればよいのですが、何かしらの不便を感じて生活している人が多いことでしょう。
つまり、どんな人でもFAGAが発症する可能性があるということです。

私には関係ない。と思わずに、「抜け毛が多いな?」と思ったら気にしてみましょう。

治療方法

・塗り薬
・注射
・植毛
・シャンプーとトリートメント

など様々な方法がありますが、どの方法が適切かは専門医に相談してからのほうが良いでしょう。自己流の治療法でお金だけ使って薄毛が治らないなんてことがあるかもしれません。



無料相談もあるそうなので、まずは気軽にお問合せしてみてはいかがでしょうか。