新元号はどうなるの?新元号決定の流れ

2019年7月19日


平成最後の○○と言ったら何が悪い!

悪くないけれど、マンネリ感が出始めた今日この頃です。

新元号決定の流れ

というわけで新元号の決定の流れは以下の通りです。

・新元号の発表スケジュール
9:30 官邸で有識者懇談会をし意見聴取
10:20 議長公邸で菅官房長官が衆参正副議長から意見を聞く
~11:30 全閣僚会議で閣僚から意見を聞く
~11:30 閣議で新元号を決定
11:30 菅官房長官が新元号を発表
12:00以降 安倍総理が談話発表

出典: getnews.jp


お昼には決定するそうですね。

変更は5月1日から

ここで決定した元号は5月1日から使用されることになります。
インターネット上では3月31日が「平成最後の日」と勘違いされ、ツイッター上ではハッシュタグが付いたツイートが乱れ飛んだそうですね。

書初めかっこいいです。

さくらいいですね。花見の季節です。


きちんとわかっていて啓発してくれている人もいます。


きれいですね。


勘違いかもしれませんね。気づいているけれど。


これはこれで、相手に印象が残る告白かもしれませんね…。


すがすがしいです。

まとめ

いろんな方の意見を見てみましたが、勘違いしているとかそんなことはどうでもよくて、きちんと節目と捉えて、何かしら変わっていくんじゃないかという、期待を持っているような方が多い気がしました。

元号が変わったからと言って、見の周りの事にそんなに大きな変化が起こることもないでしょう。
でも、きっかけはどうあれ、自分が大切にしているものを見直すきっかけになっているのだとしたら、それはそれで意味あることではないかと思います。