人に認められたい承認欲求を誰にでもある。自尊心を満たして行動させる文章術

2019年10月21日




うぬぼれが強かったら何が悪い!

人から評価を得たいという気持ちは誰にでもあるものです。「すごいね」「やるなぁ」「助かった」など、自分が誰かの役に立つという実感を得るのは他人から認められたときでしょう。

言葉で伝えられるのもうれしいですし、SNSで「イイネ!」とボタンを押されても気持ちがいいものです。
そういった、自分を認めてもらいたいという気持ちを刺激されるとつい行動に移してしまいます。

今回はそんな承認欲求を満たすような文章術を見ていきましょう。

認めるとはどういうことか

認められるというのは、どういうことなのでしょうか。
その言葉の奥には、自分に価値を見出してほしいという気持ちが見えてきます。

自分がしたことや存在が誰かにとって役に立っているという気持ち。これがあれば、人は努力できるように出来ています。
反対に誰からも求められなければ、「自分のしていることは無駄なのではないか」という思いが頭の中をよぎり、頑張る気持ちが失せていきます。

なので、「誰かから認められたい」という気持ちは生きていく上で必要な事であり、自然な事でもあります。

相手を「認めた」と伝えるポイント

相手の承認欲求を満たすポイントというのは、割と単純であなたのおかげで自分が変われた、影響を受けたと伝えることです。

dummy

変わる?人はそんなすぐに変われないよ・・・

と思うかもしれませんね。

ただ、劇的に変わる必要はありません。


・気持ちが明るくなった
・仕事が楽になった
・視界が広がった
・努力の方向が見つかった
・初めての体験をした

これらは些細なことかもしれませんが、自分一人ではこの境地に達するまで時間がかかったかもしれませんし、遠回りをしたかもしれません。

そんな自分をこの状態まで導いてくれたあなたはすごい人だ、と伝えることで相手の気持ちがぐっと近くなります。

「初めて」と「変わった」を盛り込む

影響を受けたことを伝えるフレーズとして「初めて」と「変わった」を使うと、相手を認めることにつながりやすくなります。
例えば以下のような場合。

dummy

手伝ってくれてありがとう、おかげで早く終わりそうだよ

dummy

こんなやり方があるなんて知らなかったよ。おかげで仕事が早く終わりそうです。ありがとう。

下段の方は、「自分の知らないやり方を知っていてすごい」という気持ちを表すことが出来ます。
「知らなかった」というのは「自分にとって初めて」という意味になりますので、「初めて」という言葉が自然に出てこないときは使ってみましょう。

次のパターン。

dummy

部長、昨日はごちそうさまでした。とても楽しかったです。ありがとうございました。

dummy

部長、昨日はあんなに日本酒がそろっているお店に連れて行ってもらってありがとうございました。あの品ぞろえをしている店は私は初めてでした。友達誘っていってみようと思います。

こちらも「初めての体験」を提供してくれてすごい!という気持ちが伝わりますよね。

dummy

先日は打合せありがとうございました。方向性が見えました。よいものが作れそうです。

dummy

先日は打合せありがとうございました。アドバイスしていただいたおかげで、新しい視点を持つことが出来ました。これでいい企画を練ることができそうです。

こちらは、アドバイスをしてもらったおかげで新しい視点を持つ私になることが出来た、という言い方ですね。

「初めて」や「変わることが出来た」という事を伝えることで嬉しい・感謝をしているという感情が表現され、言われた方は自分にはそれだけの価値があると感じてくれて承認欲求が満たされることになります。

価値を認められると尽くしたくなる

自分がしたことで喜んでもらえたと感じた人は、更に喜んでもらいたいと思うようになります。

dummy

こんなやり方があるなんて知らなかったよ。おかげで仕事が早く終わりそうです。ありがとう。


自分のやり方が役に立って喜んでもらえた。もっと喜んでもらえるように他の新しい方法も研究しておこう

dummy

部長、昨日はあんなに日本酒がそろっているお店に連れて行ってもらってありがとうございました。あの品ぞろえをしている店は私は初めてでした。友達誘っていってみようと思います。


そうかそうか、あのお店でそんなに喜んでもらえたか。じゃ、次は別のいい店を紹介しようかな

dummy

先日は打合せありがとうございました。アドバイスしていただいたおかげで、新しい視点を持つことが出来ました。これでいい企画を練ることができそうです。


ぼくのした助言で成長してくれたのか、嬉しいな。もっといろいろ教えたらどんどん成長してくれるかな

具体的な行動をしない場合でも、相手との距離はぐっと縮まっています。
ぜひ、承認欲求を満たす言い方をしてみてください。

まとめ

今回の文章術の流れは以下の通り。


・人は自分を認めてほしいと思っている
・認めるとは「価値を感じてもらいたい」ということ
・「初めて」「変わった」という言葉を使うと相手を認める言い回しになる
・承認欲求をくすぐられた相手は次への行動をしやすくなる

このように相手にメッセージを送る際に少し工夫をするだけで相手の自尊心を満足させる言い方に早変わりすることが出来ます。
お礼を述べる時などにこっそり試してみましょう。