【61-70話】「100日後に死ぬワニ」を考察!伏線が多数あった!

2020年3月26日






周りの成長が気になったら何が悪い!
「100日後に死ぬワニ」の考察 第7弾です。

ワニ君の周りのネズミ君、モグラ君はそれぞれステップアップしていって気が焦るワニ君の姿が見える期間です。

作品考察

61-70話

61話
2月10日
リサイクルショップのセンパイのイヌさんと会話。
はいったばかりのワニ君とコミュニケーションを図ろうとしています。

イヌさんの質問の仕方がシンプルで、ワニ君が答えやすい質問になっています。

最初の質問は「なんでバイトを始めたのか?」
バイトを始める理由なんて、結構限られているので、答えやすいです。

次は「したいことがあるのか」
これも「はい」か「いいえ」で答えられるので答えやすいです。
ワニ君は「ない」と答えます。

最後に少し考えさせる質問で「なんにでもなれるとしたら」
という言い方で、2番目にやりたいことがないと否定したのに、もう一回聞いています。

質問の形を変えることで、ワニ君の心の中にある答えを引き出す高等テクニックです!

と言うのは考えすぎか。

62話
2月11日
イヌさんに話しかけられても気が付かないワニ君。
1コマ目を見ると、ただ単にうっかりしているだけではなくて、なんだか悪い方向に思考が向いているような感じがします。

センパイとの恋愛や、仕事の事、モグラ君がバイトを辞めて就職したことなど、色々自分と比較して頭の中で考えることは多かったかもしれませんし、それについて自分を卑下していたかもしれませんね。

63話
2月12日
ガチャを3回引いて丸かぶりという、ヒキのなさを発揮するワニ君。

「めちゃくちゃいいものをあげる」とネズミ君とモグラ君に伝えて明日を楽しみにするワニ君。

こういったちょっとしたいたずらに仲の良さが見えてきますね。

64話
2月13日
昨日引いたガチャの景品を手に、集合場所へ向かうと、ネズミ君とモグラ君が、ワニ君の事について話しています。

ワニ君がいないからこそ、二人の本音が見えていて、その会話に少なからずショックを受けています。

本音を聞いて、ショックを受けたけれど、それは、想いを伝えられなかった自分を振り返って、そして二人が話していた「告ったほうが良かった」という言葉を自分の中にしまい込んでいくのでした。

65話
2月14日
61話からおそらくシフトで入るたびに、ワニ君に話しかけて、仲良くなって、恋愛の話をするまでの仲になったイヌさん。

これって結構すごい事ですよね。
入って10日もしないうちに恋愛相談をしているという。

61話での話しぶりからイヌさんは聞き上手な年上のお姉さんというイメージなので、話やすいのかもしれません。

で、ここでワニ君をたきつけるだけじゃなくて、きちんとこうしたほうがいいというアドバイスをしているのがいいですよね。

単に告っちゃえというだけでなくて、会いに行きづらいからそのための口実まで考えてくれるというのは中々心強いです。

66話
2月15日
前日のイヌさんの助言の通りに、センパイに会いに来たワニ君。

でも、やっぱり勇気が出なくて帰ろうとしたところに先輩が夜食(?)を買って戻ってくるのに出くわします。

親指でふたをとめているので、もしかしたらコンビニでお湯を入れてもらって戻る途中なのかな?

このカップラーメン、小さくて見えづらいですが、30話でワニ君が食べていたカップラーメンと色が似ていますね。
そのカップラーメンから話が広がったのかも。

センパイの格好ですが、今までバイトの服以外で同じ格好をしているシーンがないんですよね。
かなりのお洒落さんだということが分かります。

そして、バイト先はCAFECAFEという名前ですが、店内でまかないを作ったりするような食べ物を作ることが出来る設備がないようですね。

ケーキなどは置いてあるかもしれませんが、売り物なので、従業員が食べるようなものは置いてないのかもしれません。

67話
2月16日
センパイと会えたことと連絡先を交換したことをイヌさんの報告しているワニ君。

でも、連絡先を交換したことだけでもう気持ちがいっぱいいっぱいのワニ君。

そんなワニ君を見て、「先は長いぞ!」とはっぱをかけてきてくれて、見守りつつ、応援をしてくれているイヌさんの姿が見えますね。

ちょっと奥手なワニ君の性格を見抜きつつ、背中を押してワニ君と先輩がうまくいくようにしてくれるいい先輩ですね。

68話
2月17日
ネズミ君のところに遊びに行くと、バイクが変わっていて、カスタム中だという事を知らされるワニ君。

好きな事を仕事にして、やり続けて、やれることをさらに広げていくネズミ君を見て、思うことがあるようです。

自分はリサイクルショップで好きでもないバイトをしていて、このままでいいのかという気持ちが募ってきます。

少し前にバイトを辞めて就職したモグラ君も、彼女を作ってさらに給料もアップさせたと言うところを見ているので、自分はこれでいいのかと自問するきっかけにもなっています。

69話
2月18日
昨日はやりたいことをやっているネズミ君を見て、前向きに自分のやりたいことを見つけたいと思ったワニ君。

でも、就職したモグラ君がリサイクルショップを訪ねてきて「営業の仕事がしたかったの?」と聞くと「いや別に」というモグラ君の答え。

ここで、好きな事を仕事にしなくてもいいんだという気持ちと、何もないなら就職したほうがいいのかなと言う気持ちが揺り動かされます。

恋愛、やりたいこと、仕事の事。
少しまでは先延ばしにしていたことたちが急にワニ君に迫ってきたような感じになってきましたね。

70話
2月19日
いつものようにネズミ君とモグラ君に連絡を取り、今日か明日かの予定を聞くと、仕事やデートで都合がつかないと言われて、どちらにも断られてしまいます。

今までは一緒にいることが多かったのに、仕事やデートを優先する二人をみてそれぞれの優先する順位が変わりつつあることに気づいていきます。

前回と次回

前回
【51-60話】「100日後に死ぬワニ」を考察!伏線が多数あった!
次回
更新したら追加します。

参考

ねとらぼ様で全話を掲載していたので、そちらを参考にしました。
(まとめ)日めくり漫画「100日後に死ぬワニ」【更新終了】 (1/10)