日替わり内室で、登場する内室の方々の姿を紹介。転生もするよ

2020年7月27日

美人が好きだったら何が悪い!

日替わり内室の登場する内室の方々は美人が多いですね。

徐々に進めていっているものの、中々集まりません。

今回は手持ちの内室の方々を公開します。
ゲームをしているとこんなキャラに会えるんだよってことで、ゲームをプレイするモチベーションになっていただけたらと思います。
※画像はアプリからの引用です
※権利者様の要請があればこのページの画像は削除いたします。

内室の方々を紹介

知己の中には転生を行える者もいます。転生して前世の姿になることが出来るというシステム。

内室の方々は、今世と前世と言って、今世では女性なのですが、前世は男性という設定です。
ゲーム中で前世に転生することもできて、女性ゲーマーの方にも配慮したつくりになっているわけですね。

なお、女性は下着姿になりますが、男性は脱いだりしません。男性の柔肌を期待した人はごめんなさい。

馮小怜(ひょうしょうれん)

プレイヤーとは幼馴染の関係。父上は冤罪が晴れずに流刑の身になっているとか、設定が重い。

今世


馮小怜ちゃんはアニメーション設定がされているので実際のアプリでは髪が動いたり裾が揺れたりしています。

下着姿は一番かわいいと思います。
セリフが日常会話なので少し違和感ありますね。
それともこれが中国流のピロートークなのでしょうか(違う)

前世(顧清風)


前世の姿は顧清風(こせいふう)。女性的な顔立ちのイケメンですね。笛らしきものがでかすぎて、穴の間隔が広く、指が絶対に届かないんですけど。

花姐(はなねえ)

女将だそうで。花姐の胸元が一番ドキッとさせられます。

今世


声が意外とかわいらしかったりします。

元の衣装の時は肩ひも見えないので、わざわざ着替えたってことなんでしょうね。

前世(北然)


前世の姿は北然(ほくぜん)。勇ましくなった顧清風じゃないです。似てますけど。
北然のセリフで「昔の私は冒険が好きで、死を恐れない。でも君に出会ったから、私は…命が惜しくなった」というのがありますが、こんなイケメンから言われたらキュンとしてしまいそうです。
アプリではボイス付きです。
このセリフをささやかれたい女性陣はぜひプレイを。

和碩格格(ほしょげげ)

漢民族の皇女。

今世


見た目通り?言動がやや子供っぽいです。
中国式の服は重ね着しても暑くないものなんでしょうか。

髪を結っているのを下ろしたらかわいいんじゃないかと思うのですが。花飾りが重そうです。

前世(簫以行)


前世の姿は簫以行(しょういこう)
外見は豊神俊朗と書かれています。何かの俳優かと思ったら、豊神→満ちた精神、俊朗→美しい外見とのこと。

気宇は非凡。 気宇は度量や心の持ち方の事。

「人並みすぐれる」って表現で人より優れているって表現なんですね。

権力も持っているようです。完璧超人か。

小翠(こすい)

親王府の侍女。

今世


ちょっとだけ悪い顔の竹内結子みたいな顔してますね。
転生の際に「非常に増長している」と書かれていて、なんだか性格が悪そうに見えてしまいます。

あなたは子羊を、私は狼を演じましょう!はどんなプレイの時に口にする言葉なんでしょうか。

前世(唐思霽)


前世の姿は唐思霽(とうしさい)
ジャニーズ顔してます。

ちなみにセリフから思霽は中国語読みだと「スージ」らしいのですが、中国語読みだと日本人のプレイヤーにとってなじみがないので、音読みにしているんですかね。
ポメラニアンがものすごく違和感があります。
唐思霽本人はアニメーションがついてますがポメ様は動きません。残念。

林黛玉(りんたいぎょく)

身分の高い家の生まれだが父母が早く亡くなったので、一貫してうぬぼれが強く、何者も眼中にない(アプリでの紹介文)

今世


ちょっと暗い影を帯びた薄幸そうな感じがイイ!って人もいるかもしれませんね。うしとらの白面みたいな顔してますね。
しかし、キャラ設定が濃いっていう・・・。うぬぼれが強いって、中々ないです。自分に自信ありってことなんでしょうか。


下着というか寝間着というか。何となく現代的な感じがしますね。

前世(陸栖遅)


前世の姿は陸栖遅(りくせいち)
気弱そうな感じが母性本能をくすぐるのでしょうか。

ボイスもちょっと気弱なソラ(キングダムハーツ)みたいな声してます。

紹介文に学富五車とありますが、教養の高い博識な人の事を指す言葉です。
由来は車5台分もの本を読むほど勉強したとか。。

昔の車はおそらく荷車ですが、そもそもそんなに書物があふれていない時代に、そんなに書をかき集めて勉強したというのがすごいですね。


以下は前世キャラが設定されていません。
もし何かの条件があって追加されたら、追記していきますね。

年妃(ねんひ)

正統派美人って感じ。

今世


髪を下ろしたらまた印象が変わるんでしょうね。

小指に何かつけていますが、これは「付け爪」なのですが、爪カバーとも言われます。正確には指甲套(ジーチアタオ)といって、装飾品の一種でもあり、爪を守るための防護品でもあったわけです。


前掛けみたいな恰好が、なんか子供っぽく見えてしまいます・・・。

長平姫(ちょうへいひめ)

目鼻立ちくっきり。
前王朝の皇女で、復国を胸に抱いているという事は、心の底で国家転覆を狙っているという事ですよね。心中は周りにばれないといいのですが・・・。

今世


これは服を脱ぎかけなのか、これで普通なのか・・・。
かわいいデザインだなぁと思います。


露出度が高い知己の一人。
この姿になると髪飾りなどが少し減って、素の顔に近くなります。きれいなひとはごちゃごちゃと飾り立てなくてもいいなぁと思わされる一枚ですね。

金鑲玉(きんしょうぎょく)

宿屋の奥さん

今世


厨房と広間を行き来し、とありますが、こんな格好で厨房に来られたら困る。

寝間着姿は後で追加します。
撮り忘れました。

お市(おいち)

東方の女性。東の国から来たらしい。
織田信長の妹の可能性もあります。

今世


日本人って感じがしますね。
何がそう感じさせるんでしょうか。

そういえば、寝間着姿は赤系統の色が多いですね。
興奮させようとしているんでしょうか。

キャミソール型の下着だと胸の形が崩れそうですが、そういうことを考えてはきっといけないのでしょうね。

甄宓(しんふく)

音楽に精通している。が、特に演奏している様子はありません。

今世


TRICKをやっていた頃の仲間由紀恵・・・。
胸の下を縛ることで胸を強調する文化は世界共通か。

これってエプロンみたいになっているんですかね。
構造が分からない衣服。

甲斐姫(かいひめ)

豊臣秀吉の内室のひとり。

今世


秀吉は放って、中国に来ちゃいました。
みたいな。

こちらも寝間着姿は撮り忘れました。
誰が寝間着姿になるかはランダムなので仕方ない。

おわりに

登場する知己の方々の半分にも満たないのですが、課金していないから全員揃う事はないでしょう。
新しく加入したら随時追加していきます。