Photoshopでレイヤー効果をスタイル登録して、簡単に再利用する方法

2020年9月29日

ちまちま設定するのが面倒だったら何が悪い!

Photoshopのレイヤー効果は、一つ一つ細かく設定できるのがいい点ですが、逆に言うと、毎回設定するのが面倒くさいです。

そこで、今回は、レイヤー効果の設定を登録して、次回遣うときに呼び出してすぐに適用する方法を解説します。

レイヤー効果の登録


ずらっとレイヤー効果が適用されていて、複雑な設定があったりしますが、これを別のレイヤーにちまちま設定していくのは面倒くさいですよね。

そこで、レイヤー効果をスタイル登録して、すぐに呼び出せるようにします。



「レイヤースタイル」ウィンドウを開きます。

左上に「スタイル」の文字があるのでこちらをクリックします。



画面が切り替わって、右側のほうに「新規スタイル」のボタンがあるのでクリックします。



「新規スタイル」ウィンドウが表示されるので、名前を付けたければ付けます。
サムネールで表示されるので、名前はなくても問題ないことが多いですが、付けて整理したい場合は付けましょう。

プロジェクトごとに利用するなんてことがあれば、そういった作業の名前を入れておくのがいいですね。そんなことは今まで一回もありませんでしたが…。

「OK」ボタンをクリックして確定します。



「スタイル」の欄に新しいスタイルが追加されました。
今後はこのスタイルをクリックすることで、すぐにレイヤー効果を適用できます。



試しに十日町という文字を打ってみます。



レイヤー効果の画面からスタイルを開き、新しく追加したスタイルのサムネールをクリックします。



無事にレイヤー効果は適用されましたが、結果は微妙ということに。。。

形状が異なると、見栄えがイマイチということはよくあることなので、ここから微調整を行う形になります。

それでも、一からすべて手で設定するよりは早く作業ができるかと思います。

登録した「スタイル」を削除する方法

「スタイル」を登録したはいいけれど、やっぱり微妙で、削除したいというケースもあるかと思います。

そんな場合は、削除ができますので、その方法を見ていきましょう。


まずはスタイルの画面から、削除したいスタイルをクリックします。

その次に、スタイル一覧の右上にある右向きの三角をクリックします。



メニューが表示され、その中に「スタイルを削除」の項目があるので、クリックして選択します。



スタイルが削除されます。

削除した直後は、レイヤー効果が残っているので、もし間違えて削除してしまった場合は、「新規スタイル」で登録しなおしましょう。

おわりに

通常の仕事で何度も繰り返し使うようなレイヤー効果はスタイルとして登録しておくほうが作業効率が上がります。

標準の何も設定変更しないままのレイヤー効果を使うならいいのですが、多少はアレンジしたレイヤー効果にしないと見た目がパッとしないことが多いものです。

ドロップシャドウや境界線などもよく使うようなら登録しておくと便利なのでスタイル登録おすすめです。

今回は以上です。

お疲れさまでした!