Windows MediaPlayerでCDから音楽データをMP3やWAVに変換する方法

CDの入れ替えが面倒だったら何が悪い!

CDプレーヤーで音楽を聴く人もいるかと思いますが、パソコンに音楽ファイルを集めて、パソコンで再生する人も多いかと思います。

手持ちのCDをパソコンに取り込むことができれば、CDを入れ替えることなく、曲を切り替えて楽しむことができますよね。

今回は、フリーソフトなどを使わずに、Windows標準搭載のWindowsMediaPlayerを用いて、CDからデータを抜き出す方法を解説します。

取り込み手順

CDからの取り込み手順を順に解説していきますね。

CDをパソコンのディスクドライブに入れる

今回は実家にあったCDを使ってみます。

Kinki KidsのDアルバム。

これをディスクドライブに入れます。

MediaPlayerの起動


WindowsMediaPlayerは、左下のWindowsマークをクリックして、Wのカテゴリの中にある、「Windowsアクセサリ」の中にありますので、こちらをクリックします。



MediaPlayerを起動してディスクが入っていないと「ディスクがありません」と表示されます。



CDを読み込んで、認識されると、CDタイトルと曲名が表示されます。

CDからデータの取り込み


MediaPlayerが大きく表示されている場合は、「CDの取り込み」「取り込みの設定」が最初から表示されていますが、

MediaPlayerの横幅が短い場合は「>>」で省略されて表示されています。


「>>」をクリックするとメニューが表示されます。

形式の選択


「(メニューが省略されていれば)>>」→「取り込みの設定」→「形式」
で、変換するファイルの形式を選択することができます。

選択されている形式の横にはチェックマークが付きます。

上の画像では「MP3」の横にチェックマークがついているので、変換するとMP3ファイルになることになります。

音質の選択


「(メニューが省略されていれば)>>」→「取り込みの設定」→「音質」
で、変換するファイルの音質を選択することができます。

音質が高ければ高いほどいい音になりますが、その分、作成されるデータファイルの容量が大きくなります。

CDの取り込み


「形式」「音質」の設定が終わったら、「(メニューが省略されていれば)>>」→「CDの取り込み」をクリックします。



「取り込みオプション」ウィンドウが表示されるので、「取り込んだ音楽にコピー防止を追加しない」をクリックして選択し、その下の「CDから取り込む音楽が、米国及び各国の著作権法ならびに国際条約で保護されていること、および取り込んだ者自身が、それを適切に使用するうえでのすべての責任を負うことを理解している」にチェックを入れます。

すると「OK」をクリックすることができるようになるので、「OK」をクリックします。



曲名の右側に「取り込んでいます…」と「待機中」が表示され、変換が始まります。


変換が終わったファイルは「ライブラリに取り込んでいます」と表示されます。

取り込んだファイルの場所


取り込んだ音楽ファイルは「ミュージック」フォルダの中に入っています。

フォルダのパスは以下のようになります。
ユーザー名やアーティスト名は自身のユーザー名と取り込んだCDのアーティスト名に置き換えてください。

C:\Users\ユーザー名\Music\アーティスト名(今回はKinKi Kids)\アルバム名(今回はD album)

おわりに

以前は、CDからデータを抜き出すときは他のソフトを使っていたような気がしますが、Microsoft自らが、抜き出しの機能をMediaPlayerに追加してくれたおかげで抜き出しやすくなりました。

抜き出したデータを勝手に配布したりすると著作権侵害となりますので私的利用の範囲で利用するようにしましょう。

今回は以上です。

お疲れさまでした!