あなたの倫理観は多数派?それとも少数派?トロッコ問題をゲーム化した、トロッコ問題 of アルマゲドンv1.1

2020年6月26日

トロッコ問題ofアルマゲドン


感性が違ったら何が悪い!

という訳で、倫理観をテストするトロッコ問題をゲームにした「トロッコ問題 of アルマゲドンv1.1」を紹介いたします。

10月22日追記
ルートの分岐攻略を載せました。
分岐を攻略!トロッコ問題 of アルマゲドンv1.1

トロッコ問題とは

「ある人を助けるために他の人を犠牲にするのは許されるか?」という倫理学の思考実験。

出典: ja.wikipedia.org


言葉だけではわかりづらいですね。

あなたは線路の分岐点にいます。
目の前の線路を制御不能になったトロッコが走っています。
トロッコの行き先には5人の作業員が線路上で作業をしています。
このまま何もしなければ5人の作業員がトロッコに轢かれて死んでしまいます。

しかしあなたが分岐点で線路を切り替えれば、
1人の作業員が作業をしている線路へと切り替わり、
1人の作業員がトロッコに轢かれて死ぬ代わりに5人は助かります。
そしてあなたは線路を切り替える以外の手段を取る事はできません。

あなたは線路を切り替えますか?

出典: dic.nicovideo.jp


絵にするとこうですね。走ってきているトロッコがあり、あなたは分岐レバーのそばに立っています。

そのまま何もしないでいると、その先で作業している5人の作業員が轢かれてしまいます。

しかし、分岐を切り替えることでトロッコの行き先を変えることが出来ます。その時は切り替え先で作業している1人が轢かれることになります。

5人を助けるために1人を犠牲にしてよいのでしょうか?
という問題ですね。

この時に法的責任には問われず、単純に切り替えるか切り替えないか?という視点で行動すると考えてください。

自分が行動を起こすことで5人の命を助けられるけれど、1人を犠牲にしてしまう。
その1人はあなたが切り替えなければ、生きていられたはずの人です。

すぱっと即断は難しそうですね。
でも、トロッコは勢いよく走ってきているので、すぐに決断しなければなりません。

…というお話です。

トロッコ問題 of アルマゲドンv1.1

概要

トロッコ問題 of アルマゲドンv1.1はRPGツクールMVを使用して作られたブラウザゲームです。

プレイヤーにトロッコ問題と、それに似た派生問題を突きつけ、二者択一を迫ってきます。
所要時間は10分弱です。
※暴力表現があるので、血のある表現が苦手な方はお控えください。

トロッコ問題ofアルマゲドントロッコ問題 of アルマゲドンv1.1
↑プレイするにはこちらをクリック。

プレイ環境

ぼくの環境ではInternet Explorerでは起動できなかったので、Google Chromeでアクセスしたところ起動してプレイできました。

でプレイできるようです。

プレイ方法


「地球脱出船搭乗員選別作業開始」をクリックします。デフォルトの設定ではコメントが流れる仕様になっていますので、コメント表示はいらないという人は吹き出しのアイコンをクリックして非表示にします。
コメントでいろんな意見も見れますので、そんなに邪魔ではないと思う人は表示したままでも楽しめますよ。


オープニングの文字が流れて表示された後、下部に選択肢が表示されます。
初回だけは選択に猶予があり、選択肢を選択するまでカウントダウンタイマーが発動しません。


選択肢をクリックすると選択肢が枠で囲まれ、右の枠の中で数字がカウントダウンしていきます。
カウントダウン中なら選択肢を選び直すことが出来ます。
2問目以降でカウントダウン内に選択しないとゲームオーバーになってしまいます。

また、カウントダウンをすべて待つのが面倒という方はカウントをクリックすると次の画面へすぐに移行できます。


選択に応じたアニメーションが表示されます。


その後、このゲームをプレイした人の選択割合が表示されます。
自分と同じ考えの人がどれくらいいたのか、自分は多数派なのか少数派なのか…。

色々な観点から考えることが出来るので、面白いですね。

まとめ

たくさんある設問をどんどん答えていくと、自分が優先している事というのがおぼろげなが見えてきます。

若い人を優先するのか、年老いた人を優先するのか。

犯罪歴があっても更生した人を優先するのか、犯罪歴はなくても怠惰な生活をしている人を優先するのか。

また、多数派ではなかった時に、多数派の人はどこをみてその判断をしたのかなど、自分との相違を考えるきっかけにもなります。

ちょっとしたゲームなのですが、考えさせられるところもありました。

エンディングで人々が現れ、口々に発する言葉で「あっ、しまった…」と思ってしまうような場面もあります。

そういった驚きも新鮮に感じられました。
時間を区切られているので、あまり深く考えられないのも特徴ですから。

時間のあるかたは、ぜひプレイしてみてください。
トロッコ問題ofアルマゲドントロッコ問題 of アルマゲドンv1.1
↑プレイするにはこちらをクリック。

他のおすすめのRPGアツマールのゲーム

キミガシネ-多数決デスゲーム-