windows10で画面をスクリーンショット(キャプチャー)する方法を解説

2020年8月11日




やりたいことがあるのにやり方がわからなかったら何が悪い!

dummy
トオル君

この画面を画像にしたいんだけど、なんだかよくわからないなぁ…。
どうやったらいいんだろう…

という方に、画像をキャプチャーする方法を解説します。

ちなみにキャプチャーやスクリーンショットは見えている画面を取り込んで画像化または動画化するという意味で使っています。
「スクショをとる」みたいな表現もしますね。

以下のような解説もありました。

「キャプチャー」(capture)には、犯人を捕まえるとか、敵を捕獲するのように「捕獲」という意味があります。パソコン用語では「パソコンにデータを取り込むこと」を意味します。

出典: www.724685.com

画面をキャプチャーする方法

順番に解説していきます。

PrintScreenキーについて

キャプチャーの前にキャプチャーで使うPrintScreenキーの解説を少しします。

※クリックすると大きく表示されます。
amazon:エレコム・キーボードページより引用

キーボードの最上段の右側あたりに配置されています。

キーの表記には色々種類があって
・PrintScreen
・PrtScn
・PRTSC
・PRTSCN
等さまざまですが、PrintScreenとつづりが似ていたらきっとそれがPrintScreenのキーです。



他の文字と共用で使われている場合。
上の画像だと、DeleteとPrtScrが両方記載されていますが、PrtScrは青で印刷されています。

この時は、
キーボードのどこかに「Fn」キー、もしくはFunction(ファンクション)キーがあるので、このキーを押しながらPrtScrを押すと、プリントスクリーンの機能になります。
と、ここまでがPrintScreenキーの基礎知識です。

PrintScreenキーとペイントを使う方法(全体キャプチャー)

キーボードの最上段にある、「PrintScreen」キーを押します。


「ペイント」を起動して、Ctrl+Vを押すか、

「クリップボード」の中の「貼り付け」をクリックします。



「ペイント」のウィンドウサイズが大きい場合は、「貼り付け」ボタンは最初から表示されています。



Ctrl+Vもしくは貼り付けをクリックすると、ペイントのキャンバスにデスクトップの画面が貼り付けられます。

でも、デスクトップ画面の画像の下に白い余白が出来ていますよね。今回は下に余白が出来ているけれど、右側に余白が出来ることもあります。
これを何とかしたい。



画像貼り付け直後は、貼り付けた画像の周りが点線で囲まれています。
この状態の時に、

ペイントのメニュー上部にある「トリミング」をクリックします。


すると、点線部分で切り抜かれて、下にあった余白がなくなりました。



あとは、上部の「ファイル」→「名前を付けて保存」→「画像の種類の選択」で保存したい形式を選択して、保存すれば、キャプチャー画像の出来上がりです。

AltキーとPrintScreenキーとペイントを使う方法(アクティブウィンドウキャプチャー)

dummy
マリちゃん

画面全体じゃなくて、特定のウィンドウだけキャプチャーできないのかしら…

という方は、AltキーとPrintScreenキーを使う方法がおススメです。



まずは、キャプチャーしたいウィンドウをクリックします。



すると、手前に表示されて、ウィンドウを操作できる状態になりますが、これがウィンドウが「アクティブ」になっている状態です。
この操作ではアクティブになっているウィンドウをキャプチャーする操作と思ってください。



アクティブにした状態で

Altキーを押しながらPrintScreenキーを押します。



「ペイント」上でCtrl+Vまたは「貼り付け」ボタンをクリックすると、アクティブなウィンドウだけが貼り付けされました。



貼り付けた画像の周りに点線が出ている状態の時に、トリミングボタンをクリックすると、

点線部分で切り抜きがされて余白がなくなります。

あとは、「ファイル」→「別名で保存」→「ファイルの種類選択」で画像ファイルの種類を選択して保存する事でキャプチャー画像が作成されます。

WindowsキーとPrintScreenキーを使う方法(一発キャプチャー)

dummy
わかるちゃん

ペイントを起動して貼り付けるのってぶっちゃけ、面倒くさくないですか・・・?

そんな方には、WindowsキーとPrintScreenキーを使う方法がおすすめ。

Windowsキーを押しながらPrintScreenキーを押します。


すると、一瞬画面が暗くなります。
暗くなった後にピクチャーフォルダの中の「スクリーンショット」フォルダを見ると、既にスクリーンショット画像が保存されています。

スクリーンショットの保存場所のパスは以下の通り。
ユーザー名を自分のユーザー名に変えてください。

C:\Users\ユーザー名\Pictures\Screenshots

これで一発キャプチャーが出来ますね。

WindowsキーとShiftキーとSキーを使う方法(好きな範囲を指定)

dummy
マリちゃん

自分で好きな範囲を指定してキャプチャーしたいのよ…

という方は、領域指定もできます。
Windowsキー+Shiftキー+Sキーで領域を選択できる画面に移行できますので、ドラッグで領域を選択すると、クリップボードにその領域がコピーされます。

あとは、ペイントなどの画像編集ソフトに貼り付けることで画像化できます。

やり方を詳しく解説した記事もありますので、よろしければこちらもご覧くださいませ。
>>>>Windows10で画面の領域を指定してクリップボードにコピーする方法

おわりに

テレワークなどで、その場にいない人と意思疎通をするのに、画面を見せて説明するというのは効果的な方法です。

なので、スクリーンショットの方法を覚えておくことはコミュニケーションを広げる方法のひとつともいえるので、是非とも覚えておきたい技術です。

お疲れ様でした。

他の関連記事

>>>Windows10で画面の領域を指定してクリップボードにコピーする方法

>>>Windows10の画面キャプチャーソフトSnipping Toolの起動方法や使い方を解説