Windows10の画面キャプチャーソフトSnipping Toolの起動方法や使い方を解説

2020年8月11日

三国志外伝:戦姫覚醒

三国志外伝:戦姫覚醒

IGG.COM無料posted with




標準ソフトだけでなんとかしたかったら何が悪い!

dummy
トオル君

画面キャプチャーをしたいんだけど、フリーソフトを入れたりするのはなんだか嫌だなぁ

こんな悩みを抱えている方に、今回はWindowsに標準で搭載されているSnipping Toolについて解説していきます。

ちなみにSnippingというのは「切り取る」という意味です。

Snipping Toolの起動方法

Snipping Toolを起動するためにアプリがある場所を解説するよ。

まずは左下のWindowsマークをクリックして、アプリの一覧を表示します。
「Windowsアクセサリ」をクリックするとその中に「Snipping Tool」があるのでこれをクリックしてください。


あるいは

検索窓をクリックして、sniと入力すると、候補にSnippingtoolが表示されるので、これをクリックしても起動できます。

検索窓の表示非表示は以下の記事で解説してますのでよかったら参考にしてみてくださいね。
>>>タスクバーの左下にある検索欄の正式名称は?検索ボックスの表示・非表示の方法

Snipping Toolの使用方法

範囲を選択して切り抜き


Snippingtoolを起動すると上のウィンドウが表示されます。



「新規作成」をクリックすると

デスクトップ画面が白く表示されます。



ドラッグで、切り抜きたい範囲を選択します。

今回は、ネコを切り抜いてみることにします。



Snippingtoolのウィンドウが変化して、選択した部分がウィンドウ内に表示されるようになります。
この切り抜きのスクリーンショットでよければ、上のフロッピーディスクのアイコンをクリックして画像を保存します。



保存できる画像形式は

・PNG
・JPEG
・GIF

の3種類。

特にこだわりがなければ、デフォルトのPNG形式で大丈夫でしょう。

フロッピーディスクのアイコンから保存しましたが、上部メニューの「ファイル」→「名前を付けて保存」でも保存できますし、ショートカットはCtrl+Sなので、ショートカットからでも保存が出来ます。

切り抜きで保存した画像はこんな感じになります。

Snippingtoolの画面上で白くなっていた部分は、余白ではないので、余白を切り取る心配はいらないから安心してね。

クリップボードへのコピー


上部メニューの「編集」→「コピー」で切り抜いた画像をクリップボードにコピーすることもできます。



クリップボードにコピーすると、ペイントなどの画像編集ソフトを起動して、貼り付けることもできるから、改めて何か文字を入れたり編集したい時には便利かもしれません。

さまざまな切り抜き方法

最初に新規作成で切り抜きを作成したけれど、他の切り抜き方法もあるので、紹介します。

「新規作成」をクリックする前にモードをクリックします。
すると、4つの項目が表示されるので、選択して切り抜き方法を変えることが出来ます。

自由形式の領域切り取り

これは好きな形で切り抜くことが出来る方法です。
見たほうが分かりやすいのでやってみます。


新規作成で療育を作成する画面になったら、切り抜きたい範囲をドラッグします。
すると、ドラッグした部分に赤い線が引かれます。



囲った形に切り抜かれた画像が表示されます。

四角形の領域切り取り


四角形の領域切り取りは、最初にやった方法のことで、ドラッグし始めの場所を四角の始まりとして、領域を作る方法です。

ウィンドウの領域切り取り


ウィンドウ領域の切り取りは、ウィンドウを自動認識して、切り取ってくれる選択方法です。

カーソルを合わせると、認識されたウィンドウの枠に赤線が付きます。これが対象のウィンドウを表しています。

クリックすると、Snippingtoolに、そのウィンドウが表示されます。

全画面領域切り取り

これはPC画面全体を取り込む方法で、選択した瞬間にSnippingtoolの中にデスクトップ画面が表示されます。
PrintScreenキーを押した時と同じような効果ですが、画像編集ソフトに貼り付ける手間がない分、少しは便利かもしれませんね。

遅延ツール

Snippingtoolには「遅延ツール」と呼ばれるものがあります。

これは、新規作成ボタンを押してから指定の秒数後に、切り抜き範囲を指定できるというもの。

メニューをスクリーンショットしたい時に、マウスカーソルが上に来ている時だけ表示されるメニューってありますよね。

Snippingtoolでは、「新規作成」をクリックすることが切り抜きの動作の条件なので、そうすると、メニューの上にカーソルを持っていけない。つまりは切り抜きが出来ないという事になりますが、この遅延ツールを使えば、「新規作成」をクリックしてから指定の秒数後の状態を切り抜きできるようになります。

具体例


「遅延」を5秒に設定します。



「新規作成」をクリックするとSnippingtoolのウィンドウが消えます。
遅延を設定していない場合は、すぐに白っぽくなって、切り抜き範囲を設定する画面になりますが、猶予(ゆうよ)があります。



この猶予の間に、切り抜きしたい画面になるように、メニューなどの上にカーソルを持って行って、メニューを開いておきます。



5秒経つと、画面が白っぽくなり、切り抜き範囲を作成する画面になります。



あとはこの画面の中から切り抜きしたい部分を範囲選択します。



するとメニューを反映させた切り抜き画像を作成できます。

ブログ記事などで、メニューを説明したい、なんて場合には便利ですね。

おわりに

好きな範囲を切り抜いてスクリーンショットにするには便利なソフトだと思います。
が、編集機能は弱いので、画像を編集する場合は切り抜いてから、他の画像編集ソフトで編集したほうがいい切り抜き画像になるかと思います。

お疲れ様でした!

余談

スクリーンショットのサンプル画像として、ネコと女の子の壁紙を使いましたが、女の子の表情だったり、ビールの位置が変わっていることに気が付きましたか?

これは、動画の壁紙を使用しているから、表情が変わったりしているんですね。

この壁紙は以下の記事で設定方法を解説しています。
>>>>無料でPCの壁紙に動画を設定!SteamからダウンロードするWallpaper Makerを紹介

このネコと女の子の壁紙もありますので、よかったら設定してみてくださいね。

お疲れ様でした!!

他のキャプチャーの関連リンク

windows10で画面をスクリーンショット(キャプチャー)する方法を解説


>>>Windows10で画面の領域を指定してクリップボードにコピーする方法

関連コンテンツ