Excelで小数点以下の桁数の表示を設定する方法

2020年12月26日

Photo by Magic Mary on Unsplash
桁が多くて表示がごちゃごちゃしたら何が悪い!

dummy
マリちゃん

Excelで割り算なんかをしたときに、小数点以下の数値がずらっと並んじゃってすごく見にくくなるのよね。
あれって少なく表示できないのかしら。

Excelではきちんとした精度の数値をだすために、小数点以下の数値を自動で出してくれますが、そこまでの数値は必要ない場合がありますよね。

例えば、居酒屋で割り勘にしたときの金額などは、小数点以下の数値は必要ない、といった具合に。

今回は小数点以下の数値が出た場合に表示する桁数の設定方法を解説します。

実例

焼き鳥 150円 × 5 = 750円
ウーロンハイ 290円 × 10 = 2900円
合計 3650円
人数 7人
割り勘 521.4285714

こんなお会計があったとします。

dummy
マリちゃん

一人一本食べられてないけど…。
大丈夫?このグループ

2人は酔いつぶれて寝ているので問題ありません。

dummy
マリちゃん

そうしたら割り勘にしたらダメなんじゃ…。

架空の例ですのでご心配なく。
では設定していきましょう。

小数点以下の桁数の表示を設定する方法

解説していきます。

セルの書式設定から表示形式を選ぶ


小数点以下の数値の設定をしたいセルを右クリックします。

右クリックするとメニューが表示されるので、この中から「セルの書式設定」をクリックします。



「セルの書式設定」ウィンドウが表示されます。

「表示形式」のタブをクリックして、左の「分類」から「数値」をクリックします。

右側が「数値」用の画面に切り替わります。
小数点以下の桁数:0 となっている部分が小数点以下の数値の表示設定になります。

もし、小数点以下の表示が必要ない場合は「0」にして「OK」をクリックします。


これで、小数点以下の数値が非表示になりました。

桁数の設定は「小数点以下の桁数」の数値を変える


小数点以下の桁数を変更することで、表示桁を設定できます。
試しに「2」を設定してみると小数点以下の桁が二つ表示されます。

サンプルの欄で、表示結果のプレビューができるので、設定する際の参考にするといいでしょう。

おわりに

Excelには表示方法のカスタマイズ機能が多くあるので状況に応じて設定していくと見やすくて使いやすいデータになると思います。

見やすさは作業効率の向上につながっていくので少しずつ覚えていきましょう。

今回は以上です。

お疲れ様でした!

関連コンテンツ