Windows10でコントロールパネルを表示する5つの方法(開き方)

2020年5月9日

前と違っていたら何が悪い!

ということで、今までのOSからWindowsを使い続けているとWindows10でなんだかコントロールパネルが見つけにくくなっていると感じてしまうんだよね。

いつもの場所にないってのが、見つけづらい原因です。

そこで、今回はコントロールパネルの表示方法を解説します。

ウィンドウズキー+Xのメニューに表示されなくなった


Windowsキーとxキーを押すことによって表示されるメニューにコントロールパネルがなくなりました。

今までこの方法で表示していた人は困ったでしょうね。

OSがアップグレードするたびにこういうことがあるので、アップグレードはしたくないという人が一定数はいるようですね。

コントロールパネルの開き方

プログラムメニューから開く


左下のWindowsボタンをクリックすると、プログラムのメニューが表示されます。
この時に、「W」のカテゴリの中の「Windowsシステムツール」の中に「コントロールパネル」がありますので、こちらをクリックすると、コントロールパネルを開くことが出来ます。

エクスプローラーから開く


まずはエクスプローラを起動します。

タスクバーのエクスプローラアイコンをクリックしてもいいですし、Windowsキー+Eキーでもエクスプローラを起動することが出来ます。



エクスプローラを起動すると「クイックアクセス」が表示されます。

この時に、クイックアクセスの左側にある、上向きの矢印「↑」をクリックします。



そうすると「デスクトップ」が表示されますが、そこに「コントロールパネル」も表示されています。

このコントロールパネルをダブルクリックすると、コントロールパネルを表示させることが出来ます。

コントロールパネルアイコンのリンクから開く


さきほどの「プログラムメニューから開く」でコントロールパネルを表示した後に、コントロールパネルをドラッグしてデスクトップまでもっていきます。


すると、コントロールパネルのリンクがデスクトップに表示されるので、このリンクをダブルクリックすることで、コントロールパネルを開くことが出来るようになります。

コントロールパネルのアイコンから開く


デスクトップの何もないところを右クリックして「個人用設定」をクリックします。

左側のテーマをクリックすると、右側の表示が変わり、下にスクロールしていくと、「デスクトップアイコンの設定」が表示されるので、こちらをクリックします。

「デスクトップアイコンの設定」ウィンドウの中に、「コントロールパネル」の項目があるので、チェックを入れてOKをクリックすると、デスクトップにコントロールパネルアイコンが表示されます。

アイコンをダブルクリックすると、コントロールパネルが開きます。

アイコンと、リンクの違いは左下に矢印があるかどうかです。
矢印が気になる方はアイコンで作成するとすっきりするかもしれません。

検索欄から入力して表示させる


タスクバーの横にある検索欄に「con」と入力すると、検索の候補が上部に表示されます。
conはcontrolpanelの略ですね。

この時にコントロールパネルも表示されるので、表示されたコントロールパネルをクリックすると、コントロールパネルを表示させることが出来ます。

カタカナ入力でも途中まで入力すれば候補が出てきます。

入力しやすい方法にするとよいでしょう。

頻繁に使う場合はピン留めしてタスクバーに


コントロールパネルを起動中に、タスクバーのアイコンを右クリックするとメニューが表示されます。

この中で、「タスクバーにピン留めする」を選択すると、コントロールパネルを閉じたとしても、タスクバーに表示されたままになりますので、コントロールパネルを頻繁に起動する人は、ピン留めしておくと便利です。

おわりに

ぼくはそこまでコントロールパネルにお世話になってはいないんだけれど、作業をしていて、この手順が面倒くさいな・・・と思ったら、コントロールパネルから設定をすることが多いです。

そのたびに、コントロールパネルを開くのが大変で、いつも時間をとられてしまいます。。
今は必要なくてもタスクバーに表示させておけば、いざって時に役に立つ可能性大です。

お疲れ様でした

Windows関連の記事まとめ

Windows関連の記事はこちらです。