Excelでキーボード操作でセルの編集モードに移行する方法

2020年12月22日

三国志外伝:戦姫覚醒

三国志外伝:戦姫覚醒

IGG.COM無料posted with

Image by Daniel Agrelo from Pixabay
持ち替えるのが面倒だったら何が悪い!

dummy
マリちゃん

Excel編集するときってキーボードで操作するじゃない?
で、近くのセルを編集するときには矢印キーで移動するんだけど、セルの編集をするときにマウスに持ち替えてダブルクリックするのが面倒なのよね。

マウスを持ち替えなくてすむ方法ってないのかしら。

dummy
わかるちゃん

ありますよ。

dummy
マリちゃん

えっほんと?
教えて教えて

dummy
わかるちゃん

その前に、先輩の机の周り、お菓子の食べかすだらけなんで、先にほうきとちりとりに持ち替えて掃除しましょうか?

dummy
マリちゃん

アッハイ、スンマセン…。

キーボード操作でセル編集をしている時に、セルの中身を編集したい時ってありますよね。
全くの新しい内容にするならそのまま上書きすれば問題ないのですが、あらかじめセルに値が入っている時は、マウス操作ならダブルクリックして編集モードに入ります。

でも、マウスを使わずに編集モードにに入れたほうが楽ですよね。

今回は、キーボードで編集モードに入る方法を解説します。

Excelでキーボード操作で編集モードに入る方法

解説します、と大げさになってしまいましたが、キーを押すだけです。

F2キーで編集モードに入れる


まずは編集したいセルを選択します。
マウスでクリックしてもいいのですが、なんだか趣旨に反しそうなので、キーボードの矢印キーで選択しておきますか。

セルが選択できたらF2キーを押します。

するとセルの内容の一番下にカーソルが表示されて、セルが編集状態になります。

これでマウスに持ち替えなくてもセル編集を行うことができます。

数式バーで編集を行うようにする方法

dummy
マリちゃん

うーん、マウスなしでセルを編集できるのはいいんだけど、画面があっちこっちに行って、ちょっとわかりづらいかな…。
なんかいい方法ないかしら。

dummy
わかるちゃん

ありますよ。

dummy
マリちゃん

わ、またあんたか。

dummy
わかるちゃん

編集するときにセルじゃなくて数式バーで編集を行う設定があるんです。

dummy
マリちゃん

じゃ、それやってみよう!

セルの内容を数式バーで行うようにすると、画面の移動が抑えられるので、ひとによっては編集しやすくなります。
オプションから設定できますので、設定してみましょう。



上部メニューの「ファイル」をクリックします。



「オプション」をクリックします。

「オプション」が表示されていない場合は「その他」をクリックするとその中にあります。



「Excelのオプション」ウィンドウが表示されます。

左側のカテゴリから「詳細設定」をクリックして、右側の「セルを直接編集する」のチェックを外します。

チェックを外したらEnterキーで確定します。



「セルを直接編集する」のチェックを外した状態でセルをダブルクリックしても編集することができません。
そこで、F2キーを押します。



F2キーを押すと数式バーにカーソルが移動して、数式バーの中で編集をすることができます。

dummy
マリちゃん

数式バーが狭くて編集しづらいんだけど…。

という方は、数式バーを瞬時に広げる方法を別記事で解説していますので、よかったら参考にしてみてください。
>>>Excelでセルの中の長文をセルを広げずに確認する方法

おわりに

キーボード操作だけで操作をするのは難しそうに感じるかもしれません。

マウスで操作したほうが直感的でわかりやすいですからね。

でも、キーボード操作になれると作業スピードを上げることができるので、毎日の作業を少しずつ早くしていきたい場合はキーボードでの操作も徐々に覚えていくと、少しずつ早くなっていきます。

今回は以上です

お疲れ様でした!

関連コンテンツ