STEAMのゲームをWindows 10標準の録画機能でキャプチャーする方法

2021年3月7日

ゲーム動画を公開したかったら何が悪い!

dummy
トオル君

Youtubeでゲーム配信している人とかいるけど、俺もやってみたいな。

でも、そのためにはまずゲームを録画(キャプチャー)しないといけないけど、それって何か特別なソフトが必要なのかなぁ。

ゲーム動画を作成したり配信したいと考えている方もいるかと思います。

そのためにはまず、ゲーム画面をキャプチャーしないといけませんが、Windows10には標準でプレイしているゲームを録画する機能があります。

今回はWindows10の標準機能を使ってゲームをキャプチャーする方法を解説します。

キャプチャーサンプル

約2分の動画です。
サクナヒメがウロチョロするだけの動画です。

キャプチャーする方法

キャプチャーする方法を解説していきます。
ただし、今回は一番簡単な方法のみを紹介することにします。

複雑なテクニックは機会があれば別の記事にて紹介します。

ゲームバー機能を有効にする

Windows10にはゲームバーと呼ばれる機能があります。

WindowsキーとGキーを押すことでゲームバーを表示させることができます。


ゲームバー自体をキャプチャーする方法がわからなかったので、スマホで撮影してあります。
ぶれてますが、こんなメニューが開くというイメージだけわかっていただければ。
きちんとキャプチャが撮れるようになったら追加していきます。

もしWindows10をお使いでしたら、WindowsキーとGキーを押してみると表示されますよ。

ゲーム画像の録画


キャプチャパネルの中にある白丸のボタンをクリックすると録画が開始されます。


この時に「キャプチャの状態」パネルが表示されて、録画時間が表示されます。

一度録画を開始してキャプチャの状態パネルが表示された後はWindowsキー+Altキー+Rのショートカットで、録画の開始・録画の停止を切り替えることができます。

もしキャプチャパネルが表示されていない場合は
上の画像のようなパネルを表示・非表示にさせるバーがありますので、モニターに丸が付いたようなアイコンをクリックするとキャプチャパネルが表示されます。

録画したファイルの保存場所


ゲームバーを起動したときに「ギャラリー」パネルが表示されています。

この中のフォルダアイコンをクリックすると録画したファイルが保存されているフォルダが表示されます。

デフォルトでは以下のパスの場所に保存されています。

C:\Users\(ユーザー名)\Videos\Captures

ユーザー名はあなたが使っているユーザー名に置き換えてくださいね。
もしギャラリーパネルが表示されていない場合は
画面とゲームコントローラーが付いたようなアイコンをクリックするとギャラリーパネルが表示されます。

ゲームバーの設定を変更する

ゲームバーの設定を変更することもできます。
用途に合わせて自分用の設定にしましょう。

画面左下のWindowsマークをクリックします。
歯車の設定アイコンをクリックします。



「設定」ウィンドウが表示されます。

この中に「ゲーム」がありますので、クリックします。

録画などのショートカットのキーを変更する


左側のカテゴリの中から「ゲームバー」をクリックします。

録画などのアクションが表示され、一緒にアクションを実行するためのショートカットも表示されています。
このショートカットを変更したいときはショートカットと書かれた部分の右の枠をクリックします。
枠をクリックしたら変更したいショートカットを実際に入力します。

AltキーとHキーを押すとAlt+Hと表示されました。
このままEnterキーを押します。
入力キーを変更した後、画面をスクロールさせると下のほうに「保存」ボタンがあるのでクリックして変更を確定します。

キャプチャした後の画像や動画を入れるフォルダの場所を変更する

「キャプチャー」フォルダーをどこに移動させても、その中に録画した画像や動画が入る設定になっています
なのでアクセスしやすいところにキャプチャーフォルダーを置いておきましょう。

試しに移動してみます。

左側のカテゴリから「キャプチャ」をクリックします。

「フォルダーを開く」ボタンがあるのでクリックします。



キャプチャーした画像や動画が入っているフォルダーが表示されますが、エクスプローラーの上向きの↑アイコンをクリックして、一つ上の階層に移動します


「キャプチャ」フォルダーがあるので、クリックで選択してからCtrl+Xで「切り取り」を実行します。
Ctrl+Xは「切り取り」のショートカットです。

右クリックで表示されるメニューから「切り取り」を選択しても大丈夫です。
「切り取り」を実行すると、「キャプチャ」フォルダーアイコンが少し薄くなります。



移動させたい場所をクリックして、Ctrl+Vで「切り取り」した「キャプチャ」フォルダーを貼り付けします。

今回はデスクトップに移動させてみました。


保存先を確認すると変更されています。

最大録画時間の設定

 

キャプチャカテゴリの中に「記録の最大長」があるので、クリックして時間を選択します。

30分
1時間
2時間
4時間

の中から選択できます。

この時間を過ぎると自動的に録画が終了します。

撮る内容が長くなりそうな場合は、長めの時間を設定しておきましょう。

音質やフレームレートを変更する


キャプチャカテゴリの中に「音質」と「ビデオフレームレート」があるので、選択して変更することができます。
音質やビデオフレームレートを上げると作成される動画のファイルサイズも大きくなるので、あまり大きくなりすぎると困るという方は推奨設定のままでいいかと思います。

おわりに

Windowsの標準機能でこれほどきれいにキャプチャーができるとは思っていませんでした。
余計なソフトを入れる必要もないので、便利だと思います。

上の方法でとりあえずキャプチャはできるかと思いますので、試しに録画してみましょう。

今回は以上です。
お疲れ様でした!

関連記事

関連コンテンツ