アニメ【歌舞伎町シャーロック】の22話「イースト菌について語るスレ」の元ネタ・パロディを解説!

2020年4月1日





歌舞伎町シャーロックのアニメの各話の元ネタを解説していきます。
今回は第22話です。

根拠は薄めですので間違いがあることもご承知ください。

22話 イースト菌について語るスレ

3.5ch 前も出てきましたが、(2+5)÷2で3.5ちゃんねる
いつものアレ 歌舞伎町シャーロックの始まる時の口上のパクリ。

「新宿區ウエストサイドーーー
その整然とした街並みの壁を隔てた向こう側に広がるは混沌たるイースト---時を告げる象がいななき、悪人どもが数多(あまた)巣くう歌舞伎町の暗がりに、6人の探偵あり。奇人、変人、昼行燈(ひるあんどん)、鬼が出るか蛇が出るか、探偵どもの謎解き合戦、とくと御覧(ごろう)じろ」元パン職人(助手)アレンジ
「こんがり焼けた象がもっこり。
バイ菌どもがおまた巣くうパン工場の暗がりに6人の職人あり。
アンぱん、食パン、カレーパン。
バターが出るかジャムが出るか。パン職人どもの小麦粉合戦、とくろ御覧じろ」

割と下ネタ寄りです。
きちんとワトソンが読み上げてます。

パン工場が舞台の理由 パン屋の事をbaker(ベーカー)といいます。
パイプキャットがあるのは歌舞伎町221番街ですが、原作のシャーロックホームズはベーカー街221Bに住んでいるのでそこから。
ネコ製パン パイプキャットから
あんパン ・和洋折衷
・外国人が好きな日本のパン第一位
・完璧な丸顔
・王道
・牛乳とともに
・こし餡orつぶ餡
イメージカラーが緑なのでシャーロック?
食パン ・パン業界不動のエース
・しっとりモチモチ
・主食
・耳が邪魔
イメージカラーが青なので京極?
カレーパン ・辛味
・カレーとパンの軌跡の出会い
・油でベタベタ
・カリカリサクサク
・CURRYPAN
・圧倒的質量
イメージカラーがオレンジなのでミッシェル?
ウィンナーパン ・子供に大人気
・ホットドッグで良くね
・おやつ代わり
・ケチャップとウィンナーの協奏曲
・芯の通った形
イメージカラーがえんじ色なのでルーシー?
三食パン ・三種類の味を楽しむ
・分け合える喜び
・お得
・中身が見えないドキドキ感
・一挙両得
・ヤケ(?)
イメージカラーがピンクなのでメアリー?
チュロス ・甘くてサクサク
・明るいキツネ色
・シナモン
・おしゃれ
・カロリー激ヤバ
・星形
イメージカラーが黄色なので小林?
シャンピーは俺の直属の上司 シャーロックはワトソンの上司ということ。
そのままの白飯を食べるシャーロック 普段のシャーロックはありえない組み合わせの料理を食べていたのが普通だった。
普通のご飯を食べるシャーロックはいつもと違う→おかしくなっているということ。
化粧水(?)を売ってくるおばちゃん 2話で登場した野菜ジュースを売っていたおばちゃん
化粧水「LUNA VINAS」 月の女神・・・かと思ったら「VINAS」のつづりが間違っている。
給食事件の先生が頭を抱えているシーンのワトソンの前の張り紙 18話と同じように、関係ない張り紙がしてある。
小さくてよく見えないが「ゲーム制作」のような文字が見えるので何かのスケジュールか
パン工場事件 モリアーティが銃をパンパン鳴らしているから。
シャワーを浴びている時のシャーロックの言葉 13話でシャーロックとモリアーティが初めて会った時に交わした会話
アイリーンと一緒に行った花國神社 花園神社
中学校BUFFLAP 不明
ワトソンが外を歩いている時の背景看板
tháng 8 năm 1914nha hang viet nam
tháng 8 năm 1914は1914年8月
nha hangはレストラン
viet namはベトナム1914年8月に短編「最後の挨拶」の事件が発生されたとされている。
歌舞伎町シャーロックの物語も終盤で「最後の挨拶」をしているともとれる。ベトナム料理のレストランなのでベトナム語表記
背景の登場人物 雅也

2話の高峰富士子

5話の近江山

7話のゴドフリー・ノートン
「ナイスフューチャー!」
愛梨VER7.0 7話時点でVER6.9だったので新しく開発されている
イースト菌の話 イースト地区で起きた話
愛梨VER0.0 愛梨ちゃんはアイリーンをモデルにしたロボットなので。
愛媛料理 じゃこてん
魚のすり身を揚げた郷土料理。
しょうゆとしょうがで食べたりする。
盗んだバイクで走りだしたシャーロック ピザイッグの名前がバイクについている。
下ネタの可能性有

前回・次回へのリンク

前回


次回

まとめページ

歌舞伎町シャーロックに関するまとめ。各話のネタなども一覧になってます。

解説の文字数が多くなってきたので、各話にリンクが飛ぶようにした軽量版です。

 

関連コンテンツ