アラフォーがダイエットの習慣化に挑戦!中年だから気をつけたいことも解説していきます。【16日目~20日目】

2020年7月22日

やる気がなくなってきたら何が悪い!

ダイエット習慣は効果が出ないと意味がないと感じてやめたくなったりします。

他人と比較して成果が出ていなくてもいやになってしまいます。
でもそんなことは気にする必要はないのです。。

前回のまとめ

前回までで15日間継続して散歩を行いました。

・雨の日は何をするかを考える
・歳をとってきたらまずはケガの回避を一番に考える
・食事制限はしなくてもいい
・余裕が出てきたら筋トレもしてみる
・予定通りを心がけると実行できない時に習慣が途切れる

雨の日だからという理由で、やめてしまうと雨の日=休む日という習慣が出来上がってしまいます。
雨が降った場合は「ならどうするか?」を考えることで、ダイエット自体を続けることが出来ます。

歩かなくても、筋トレでもいいので、継続したと思えるように何かに取り組んでみましょう。

歳をとってからのけがは重症化長期化しやすいので、とにかくけがをしない様に気をつけましょう。

食事制限はすればダイエットに効果が出てくるかもしれませんが、食事制限という習慣も並行して行うという事を意味します。
もし、運動の習慣が定着していないのなら、運動の習慣が定着したなぁと思える時から食事制限をしてもいいかと思います。

ただし、食事を用意するのが得意で、アレンジが苦手でない人は、カロリーの少ない食材に替えて料理を用意するといいかもしれません。

筋トレをする意味は筋肉量を増やして基礎代謝を増やすことです。
ガッツリやらなくてもいいので、少しずつ取り入れるようにすると徐々に効果が上がってくるでしょう。

毎日決まった時間に決まった量の運動を行うと決めていると、その予定通りにいかなかった時に習慣が途切れてしまうことがあります。
少しでもいいから続けることが習慣化へとつながっていきます。

習慣化の知恵を利用する

習慣化するための知識をもとにダイエットに取り組んでいます。

過去記事で書きましたので、習慣化について気になる方は以下のリンクから読んでみてくださいね。

このダイエットのシリーズでも併せて解説していく予定ですので、読まなくても大丈夫なようにしていく予定ではあります。

ダイエットの解説

毎日の事をツイッターにつぶやきながら、参考になりそうなことを書き留めているので、それを順に追って行きます。

自分のしている事を無駄だと考えてしまうとやる気が落ちてくる