windows10で簡単にフォトビューアーを使用する方法

フォトが使いづらかったら何が悪い!

dummy
わかるちゃん

以前のWindowsでは、フォトビューアーというのがあったのですが、Windows10になってから「フォト」に置き換わってしまって使いづらいです…。
フォトビューアーは使えないのでしょうか…?

というようなお悩みを持つ人がいるんじゃないかと思います。
以前は画像ファイルをダブルクリックして開くと気軽に「フォトビューアー」で見ることができましたが、Windows10では「フォト」というアプリになっていてなんだか使いづらいです。

というわけで今回は、このフォトビューアーを復活させて使用する方法を解説します。

簡単にレジストリを編集して復活させる方法

※この作業はレジストリを編集することになります。
不具合は出ないとは思いますが、レジストリを編集するのはリスクが伴いますので、自己責任でお願いいたします。

レジストリの登録エントリを使って、復活させる方法

>>>photo_viewer.zip

まずは上のリンクをクリックして「photo_viewer.zip」をダウンロードします。

これは、あとで解説しますが、フォトビューアーを復活させるレジストリのコードをファイル化したものです。



photo_viewer.zipを解凍すると、中に「photo_viewer.reg」があるので、こちらをダブルクリックします。


「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と出るので「はい」をクリックします。



「レジストリエディター」ウィンドウが表示され、レジストリに追加するかどうかの確認を聞いてきますので、「はい」をクリックします。



「レジストリが正常に追加されました」と出るので「OK」をクリックします。



その後、適当な画像ファイルを開こうとすると

ファイルを開くためのアプリを選択するウィンドウが表示されます。
「Windowsフォトビューアー」を選択してから、下の方にある「常にこのアプリを使って.jpgファイルを開く」にチェックを入れます。

その後、「OK」をクリックします。



フォトビューアーで画像を開くことができました。

レジストリのコードをコピペして、復活させる方法

上で紹介したphoto_viewer.zipですが、

dummy
トオル君

わけのわかんないDTの配布しているファイルなんて危なくて使えないよ!

という方は、レジストリのコードを公開しているページがあるので、そこからコードをコピペして作成することもできます。

今から紹介する方法を用いて、配布しているphoto_viewer.regを作ったので、出来上がるものは同じものになります。

ファイル名は異なるかもしれませんが。


>>>Revive Windows Photo Viewer in Windows 10 (from Windows 8.1)

上のページの一番下に、レジストリを編集するコードが記述してあります。

「RAW Paste Data」の下にある枠の中をクリック。




Ctrl+Aで枠内のコードを全選択し、Ctrl+Cでコピーします。


「メモ帳」を起動して、Ctrl+Vでコピーしたコードを貼り付けます。




名前を付けて保存します。
今回は「photo_viewer.txt」にしましたが、どんな名前でも大丈夫ですよ。


作成したファイルの拡張子を入力しなおして変更します。


photo_viewer.txt

photo_viewer.reg

拡張子の.txtを.regに変更するだけですね。

拡張子を表示する設定にしてないと拡張子は表示されません。

拡張子の表示方法は以下の記事で解説していますのでよかったら参考にしてくださいね。
>>>Windows10でファイルの拡張子を表示・非表示にする方法3種【初心者向け】




拡張子を変更しようとすると、本当に変更していいか確認のウィンドウが表示されるので、「はい」をクリックします。

ファイルアイコンが変わります。

このあとは、この「photo_viewer.reg」をダブルクリックして適用させるとWindowsフォトビューアーが使用できるようになります。

Restore Windows Photo Viewer to Windows 10を使用してフォトビューアーを復活させる方法

>>>Restore Windows Photo Viewer to Windows 10

上のリンク先に移動します。

画面上部にある「Download Now」をクリックします。




RestoreWindowsPhotoViewerSetup.exeがダウンロードされるので、ダブルクリックして実行します。


「不明な発行元からのアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」
と出るので、「はい」をクリックして実行します。



セットアップ画面が出るので「Next」をクリックします。



インストール場所を聞かれるので、こだわりがなければそのまま「Next」をクリックします。



スタートメニューフォルダーの名前を聞かれますので、こだわりがなければこれもそのままにして、「Next」をクリックします。



デスクトップアイコンを作るかどうか聞かれます。

デスクトップアイコンが必要なら、チェックを入れたまま、いらなければチェックを外してから「Next」をクリックします。




入力内容を確認して問題なければ「Install」をクリックします。



インストール完了画面が表示されます。
中央の「Launch Restore Windows Photo Viewer for Windows10」にチェックを入れておくと、「Finish」をクリックした後にすぐにプログラムが起動するので入れたままにしておきます。
「Finish」をクリックします。



「Restore Windows Photo Viewer」を起動すると左下のほうに「Restore Windows Photo Viewer」のボタンがあるのでクリックします。



「Success!」のダイアログボックスが出てきたら成功です。
「OK」をクリックすると、自動でWindowsの設定画面が表示されます。

開いた画面がおそらくは、昔はフォトビューアーを設定する画面だのだと思いますが、システムの構成が変わって、フォトビューアーの設定画面じゃない画面が開いてしまうこともあります。

その時は、「ホーム」をクリックして、一つ前の画面に移動しましょう。

以下の「フォトビューアーをファイルに関連付ける方法」にて、Windowsフォトビューアーを画像ファイルと関連付ける方法を解説していますので、このまま下の方に読み進めていってくださいね。




「Restore Windows Photo Viewer」を閉じようとすると、上のようなボックスが出てきて「PDFを作成するソフトウエアはいらないか?」と聞いてくるので、「いいえ」で閉じます。

フォトビューアーをファイルに関連付ける方法

フォトビューアーが復活できても、ファイルを開くアプリとして「フォト」が選択されていると、毎回フォトで開いてしまいます。

そこで、画像ファイルとフォトビューアーを関連付けて、フォトビューアーでファイルを開くように設定します。


画面左下のWindowsマークをクリックします。
次に「設定」をクリックします。



「アプリ」をクリックします。



左側のカテゴリから「既定のアプリ」をクリックします。

すると画面の右側が既定のアプリの設定画面に切り替わりますので、「フォトビューアー」の下にある「既定を選ぶ」をクリックします。


「既定を選ぶ」じゃなくて「フォト」に設定されている場合もあるかもしれませんが、その場合は「フォト」をクリックします。



複数のアプリが表示されるので「Windowsフォトビューアー」をクリックして選択します。



「フォトビューアー」に「Windowsフォトビューアー」が設定されました。

これで、画像ファイルを開こうとするとWindowsフォトビューアーで画像が開かれるようになります。