windows10でPowershellをコマンドプロンプトに置き換えて表示する方法

2020年11月10日

指示された場所になかったら何が悪い!

dummy
トオル君

このサイトには右クリックでコマンドプロンプトが表示されているけど、自分のパソコンだと「Windows Powershell」になってるなぁ。

これがコマンドプロンプトなのか・・・?

カチッ(クリック音)

…。

んー、コマンドプロンプトじゃないみたい。コマンドプロンプトはどこだ?!

コマンドプロンプトを使用して作業する解説サイトでは、Windowsマークを右クリックして表示されるメニューにコマンドプロンプトが表示されていることがありますが、標準だとPowershellが表示されています。

今回はこのPowershellをコマンドプロンプトに変更する方法を解説します。

設定前のメニュー(Powershellが表示される)


画面左下にあるWindowsマークを右クリックするとメニューが表示されますが、この中に「Windows PowerShell」と「Windows PowerShell(管理者)」があります。

今回はこちらをコマンドプロンプトに置き換えようということです。

Powershellをコマンドプロンプトに置き換える方法


左下にあるWindowsマークを左クリックします。

表示されるメニューの中から歯車アイコンの「設定」をクリックします。



「設定」ウィンドウの中から「個人用設定」をクリックします。



個人用設定の画面で左側に「タスクバー」の項目があるのでクリックします。

クリックすると右側がタスクバーの設定用の画面に切り替わります。
この中に「『スタート』ボタンを右クリックするかWindowsキー+Xキーを押した時に表示されるメニューで、コマンドプロンプトをWindowsPowerShellに置き換える」というピンポイントの設定があります。

現在は「オン」になっているのでPowerShellが表示されています。

これをクリックして「オフ」にします。



「オフ」にしました。

これでメニューが変わっているか確認します。



Windowsマークを右クリックしてみるとWindows PowerShellがコマンドプロンプトに置き換わっています。

これでコマンドプロンプトの起動が楽になりました。

おわりに

コマンドプロンプトもPowerShellもあまりなじみがないかもしれないので、どちらが表示されていても構わないという人の方が多いかもしれないですね。

でも、カスタマイズなどをし始めるとコマンドプロンプトを多用する場面も出てきますので、そんな時Windows PowerShellから置き換えてみるのもいいかと思います。

今回は以上です。

お疲れ様でした!