Windows10でアクションセンターを開く方法を2つ解説

アクションセンターが何だかわからなかったら何が悪い!

アクションセンターはいろんなモードの切り替えや設定を行うことが出来るパネルで、その他にも必要があれば通知が届く場所でもあります。

今回はアクションセンターの開き方について解説します。

アクションセンターの開き方

順番にアクションセンターの開き方を解説していきます。

右下のアイコンをクリックして開く


タスクバー右端にある、アクションセンターのアイコンをクリックします。



画面の右側からアクションセンターが表示されます。

キーボードショートカットから開く


キーボードショートカットから操作するにはWindowsキー+Aキーを押すことで表示できます。

表示されました。
まぁ、画像は使いまわしですが。

検索ボックスから開くのはアクションセンターの設定画面

今までの機能紹介の記事だと、検索ボックスからも機能が開けたりしてたんだけど、今回はちょっと違います。

検索ボックスをクリックして「action」と入力すると、アクションセンターのようなアイコンが表示されますが、これはアクションセンターの設定を行う画面へ移行するアイコンです。

↑上の画像のような設定画面が開きます。

なので、アクションセンターを開くのとは別の動作になるので間違えないようにしてくださいね。

アクションセンターに通知がある場合


アクションセンターに通知がある場合は、アクションセンターのアイコンに数字が付きます。
お知らせの数が表示されるわけですね。

それでアクションセンターを開くと、クイックアクションパネルの上の方に、通知が来ています。
上の通知はスクリーンショットを撮りましたよ。という通知です。

おわりに

アクションセンターも使う人と使わない人がいて、使わない人は全く使わないんじゃないでしょうか。
ぼくは全く使わない派ですね。

機内モードやネットワーク設定の画面があるので、デスクトップパソコンよりはノートパソコンを利用している人の方がよく使う機能かもしれないです。

マウスを右下にもっていってもいいんだけれど、ショートカットのWindowsキー+Aキーの方が慣れれば指がすく届く範囲にあるし便利かなと思います。

今回は以上です。

お疲れ様でした!