Excelで二つ以上の条件を設定する方法【or関数】

2021年1月15日

三国志外伝:戦姫覚醒

三国志外伝:戦姫覚醒

IGG.COM無料posted with

Image by Gerd Altmann from Pixabay

あれもこれも満たしたかったら何が悪い!

dummy
マリちゃん

前回のExcelで曜日が入力されると、曜日に応じてセルの色が変わるようにする方法で、色が変わる条件が、『セルに「土」が入ったら』だったんだけど、『セルに「土曜日」が入ったら』という条件でもOKにすることってできないのかしら?

表示形式が、短縮形と通常形の二つあるから、通常の表示にした時にも対応させたいな。

前回は条件付き書式を使用しましたが、設定した条件は一つだけでした。
『セルに「土」が入ったら』という条件にしたので、仮にセルに「土曜日」と入ってしまうとはじかれてしまいます。

なので、『セルに「土」が入ったら』と『セルに「土曜日」が入ったら』の二つの条件を設定して、どちらかの条件をクリアすれば、条件付き書式が適用されるようにできれば、汎用性が増しますよね。

というわけで、今回は複数の条件を設定する方法を解説します。

複数の条件を設定する方法

では順番に見ていきましょう。

やりたいこと


前回の記事では、「土」「日」が入ったら、セルの色が変わるという条件を設定していました。

ただし、この設定だと

「土曜日」「日曜日」と入力されてしまうと、条件に合わないので反応しません。


そこで、条件文を追加して「土曜日」「日曜日」でもセルの色が変化するようにします。

or関数を使う

複数の条件を持たせるには「or関数」を使用します。

これは、設定した条件のいずれかを満たせば、条件は成立したとみなしてくれます。

dummy
マリちゃん

一度に複数設定できれば、式が短くなって見やすくなるわね

条件式を書くときに、ひとつずつ列挙していってもいいのですが、長くなりがちです。
or関数を使えば、条件式が短くなって見やすくなる可能性があります。

dummy
マリちゃん

あくまで可能性なのね…。

or関数の使い方


or関数は、()の中に条件式を複数書いて使用します。
今回は2つだけ設定しますが、カンマで区切れば、条件式を好きなだけ増やすことができます。

カンマで区切るまでが一つの条件文です。

では設定してみましょう。

or関数を使うので、条件式は下のようになります。

=or(条件式1,条件式2)

dummy
マリちゃん

関数そのままなのね

そうですね。
前にも書きましたが、複雑そうな式はわかるところから埋めていくといいですね。

次に、前回使った条件式です。

セルに「日」が入っているかどうかの条件式 → C$5=”日”

これを変化させて「日曜日」が入っているかどうかの条件式を考えてみます。

セルに「日曜日」が入っているかどうかの条件式 → C$5=”日曜日

曜日を書き換えるだけでした。

さてここで、条件式が二つできました。

C$5=”日” → 条件式1
C$5=”日曜日” → 条件式2

これを、or関数の式に入れてみましょう。

=or(C$5=”日”,C$5=”日曜日”

代入するだけなので簡単ですね。

あとは条件付き書式のルールを書き換えます。

書き換えました。

次に土曜日の方も変更してみます。

=or(C$5=”土”,C$5=”土曜日”

これも、日曜日を設定した式を変更して、式を作成します。まぁ、日曜日を土曜日に変えるだけなんですけどね。


で、式を書きなおします。



「土」または「土曜日」、「日」または「日曜日」を満たせばセルの色が変わるようになりました。
これでどちらの表現でもOKですね。

ワイルドカードは使えない

「土*」にして、条件式を作ろうかと思ったのですが、ワイルドカードの使える関数は、限定されていて今回のパターンでは使えませんでした。

なので、or関数を使って、条件式を増やしたんですね。

おわりに

条件式を増やして追加すると、いろんな状況に対応できる柔軟なフォーマットにすることができます。

曜日と聞いて「土」と入力する人がいるかもしれないし、「土曜日」と入力する人がいるかもしれません。

そんなどっちのケースにも対応できれば、使いやすいフォーマットになると思いますので、条件式の追加方法を覚えておきましょう。

今回は以上です。

お疲れ様でした!

関連コンテンツ