「ガールズ・ブック・メイカー~君が描く物語~R」はエロいのか?ゲーム内容とプレイ感想。広告が多いのでプレイしてみた。

2020年11月8日




コメディRPGだったら何が悪い!

今回はFANZA系ブラウザゲーム「ガールズ・ブック・メイカー~君が描く物語~」のゲーム概要と、エッチな要素はあるのかという事について書いてみたいと思います。

※画像は全てプレイ画面からの引用です。権利者様からの要請があれば速やかに削除いたします。

ガールズ・ブック・メイカー~君が描く物語~について

ガールズ・ブック・メイカー~君が描く物語~についてざっくりとした説明をしていこうと思います。

スタミナ消費でクエストを進むポジションバトル!


ガールズ・ブック・メイカー~君が描く物語~はスタミナを消費してクエストをクリアしていき、進んでいくタイプのRPGゲームです。
ただし、バトルが結構斬新で、理解しにくい部分もあるようなシステムになっています。
既存のRPGじゃなくて新しいものを遊んでみたい!という人にはいいかもしれません。

上の画像のように6×3マスにキャラクターを9人配置。
キャラクターによって、遠隔攻撃が出来たり、直線状の敵しか攻撃できなかったり、サポートしかできないなどの特性があります。

敵の攻撃も、十字形のマスに攻撃を仕掛けてくる敵や、前衛から攻撃してくる敵、前列にいて、直接攻撃をまずは受けるガード役の敵なんかがいます。

これらを考慮して味方キャラを配置して、なるべくこちらのダメージは少なくして、相手を倒せる配置にする、というのがこのゲームのだいご味ですが、最初の方のクエストはおまかせ編成にすると勝手に配置してくれてそれで事足ります。

なので、このシステムの面白さを味わうにはしばらく進んで敵が強くなってから、それからパーティーを吟味して配置を吟味してってことになりそうです。

バトルはすべてオートで行われます。プレイヤーが出来るのは、最初の配置と順番決めだけ。

順番決めは、回復のタイミングだったり、攻撃のタイミングを調節できる方法なので、見極められれば有効なはずですが、初期段階ではまだ効果を発揮しないですね。
レベルが低いと順番は後方になりがち。なので、集中して攻撃することもできそうですが、逆に順番が来るまでに倒されてしまう事もあるので、弱いキャラをいかに守るのか、という戦略も必要になってきそうです。

それも先に進んでからの話になりそうです。

コメディチックなストーリー展開

ガールズ・ブック・メイカーは、物語の世界で、それぞれの登場人物が暮らす世界を守るというお話。

『走れメロス』の世界では、メロスやセリヌンティウスやディオニスやダザイが登場します。
『銀河鉄道の夜』の世界では、ジョバンニやカムパネルラ、車掌さん、ミヤザワが登場します。

それぞれの世界で悩みを抱えている人を助けて進んでいくストーリーですが、見た感じと題材が真面目そうなキャラクターだったので意外だったのですが、コメディ色が強いです。

『走れメロス』のメロスは、読者からの評判を気にしています。
『友達を身代わりにして結婚式に出た卑怯者』

とか
『友達の命がかかっている割りにノンビリしてる』
『そもそも王様に命乞いするくらいなら最初から突っかかるな』

とか。

確かに物語はそうなっているんですが、見方を変えた切り口で解釈するとそうなるのかもしれないですね。

こう言ったクスリとさせようとしているテキストが嫌いではないのなら楽しめるでしょう。
ぼくはおじさんになってしまったので、こういうベタな文章で笑いを取ってくるネタは大好きです。

エロい要素はあるのか?

あります。
しかも、割と簡単に見ることができます。

エロい要素はFANZA版にあり

「ガールズ・ブック・メイカー~君が描く物語~」はDMM版とFANZA版がありますが、エロい要素があるのはFANZA版です。
DMM版では「ガールズ・ブック・メイカー~君が描く物語~」ですが、FANZA版では「ガールズ・ブック・メイカー~君が描く物語~R」とRがついていることを確認しましょう。
タイトル画面にもきちんとRがついていますね。

親密度を上げてイベントシーンを開放


各キャラには親密度が設定されていて、この親密度を60%と100%にあげることでイベントシーンが開放されます。
ただし、イベントシーンを2つ持っているキャラクターは☆4以上のキャラクターに限ります。

☆3以下のキャラクターは60%の時に解放されるイベントシーン1つのみになります。


例えば、☆5のシェンレンちゃんはハーレムエピソードが2つあることが分かりますね。
それに対して☆3のヤクモちゃんはハーレムエピソードが1つしかありません。
でも、☆ランクの低いキャラクターにもイベントシーンをつけてくれるだけ良心的ですけどね。

親密度の上げ方は2通り

親密度を上げる方法は2つあります。

ひとつはギフトを送って、親密度を上げるやり方です。
ひとつにつき6%上がるブックカバーと2%上がるブックカバーがありますが、これをキャラに与えることで親密度が上昇していきます。

ブックカバーは通常クエストでもドロップするので、入手しやすいです。
上の画像でも2%のブックカバーが158個もあるので少なくとも3人は100%にできますね。
もう一つの方法は通常クエストの戦闘に親密度をあげたいキャラクターを配置してをこなすだけでも親密度が上がります。各キャラの下にハートマークのバーがありますが、これが親密度です。
1回の戦闘ではそれほどたくさん上がりませんが、何度も周回するとたまっていきます。

このゲームでは体力を現在の最大値を超えて回復することが出来るため、まとまった体力を回復してから、周回設定することが可能です。

一回で30周くらいオートでこなしてくれます。
すると、放置しているだけでみるみる親密度が上がっていきます。
これはかなり良心的な設定でしょう。

あとは、ほんの少し時間をかけるだけで仲間キャラクターの親密度を上げることが出来るのです。

これなら全キャラのイベントシーンを見ることもそれほど大変ではありません。
ぜひコンプリートを目指してみたいですね。

おわりに

ガールズ・ブック・メイカーはバトルシステムが独特なので、その面白さを味わいたいところなのですが、今のところはおまかせ編成ですべて倒せてしまうので、今一つわかっていない状況です。

お話の方も走れメロスはコメディ多めでしたが、その先はどこまでぶっ飛んでいるのかわからないですね。

銀河鉄道の夜の話をプレイしている最中ですが、今のところは比較的おとなし目です…。
はっちゃけてくれるといいのですが。

みなさんもぜひプレイしてみてくださいね。

ガールズ・ブック・メイカー公式サイト

>>>ガールズ・ブック・メイカー 〜君が描く物語〜公式サイト

>>>ガールズ・ブック・メイカー 〜君が描く物語R〜公式サイト

関連リンク

>>>FANZA系のブラウザゲームでエロいシーンを見やすいゲームランキング


>>>簡単です。DMM・FANZAゲームを退会する方法(PC・スマホどちらでも)

>>>DMM・FANZAゲームでデータをリセットする方法