Excelで素早くセルをコピーする方法4つを解説

いちいち手入力していたら何が悪い!

dummy
わかるちゃん

Excelでセルに同じような項目を入力していくのが面倒くさくて…。何か簡単に入力する方法ってないのでしょうか?

Excelでセルに入力していくときに、同じものをコピーしたいってことがあります。

少しならいいのですが、大量にあると面倒だし時間もかかります。
そこで、今回は、簡単にセルをコピーする方法を解説します。

Excelのセルを素早くコピーする方法

セルをコピーする方法を4つ紹介します。

Ctrl + D → 上のセルをコピー
Ctrl + R → 左のセルをコピー
Altキー+下矢印 → 今までに入力した内容をリストからコピー
オートコンプリートで簡単入力

一つずつ見ていきましょう。

Ctrl+Dで上のセルをコピー


上のセルを下にコピーしたい時はコピーさせたいセルをクリックしてからCtrl+Dキーを押します。



上のセルの内容が下のセルにコピーされました。



一度に複数セルを選択しても大丈夫です。

Ctrl+Dキーで一度にコピーされました。

Ctrl+Dキーでコピーした場合、罫線の状態も一緒にコピーされるので注意しましょう。

Ctrl+Rで左のセルをコピー

左のセルを右側のセルにコピーしたいときはコピーさせたいセルをクリックしてからCtrl+Rキーを押します。
選択したセルに左側のセルの内容がコピーされます。

一度に選択してもOKです。コピーさせたいセルを複数選択してからCtrl+Rキーを押します。
まとめてコピーされます。

今までの入力内容をリストから選んでコピー


選択したセルの上のセルに入力してある項目をコピーする方法です。

Altキーと下矢印キーを押します。

コピーしたいセルを選択してからAlt+下矢印キーを押します。

セルの上のほうに入力されている項目がリスト化されて表示されるので、コピーしたい項目をクリックして選択します。
リストが表示された段階で、Altキーは離して構いません。

入力されました。

オートコンプリートからコピーする

オートコンプリートをオンにしておくと、一文字を入力しただけで、対応した文字が予測で表示されます。

試しに「d」と入力すると予測で「dragonpalace社」と入力されました。
一文字打つだけで他の文字列も入力できるのですから楽ですね。

ただ、オートコンプリートは便利な反面、いちいち表示されて煩わしいということもあるので、オートコンプリートのオンオフを切り替えて入力しましょう。

オートコンプリートのオン・オフの切り替え方法については以下の記事にて解説していますので、よかったら参考にしてくださいね。
>>>Excelのオートコンプリートをオン・オフにする方法を解説

おわりに

セルのコピーというちょっとしたことなのですが、知っているのといないのとでは作業効率が変わってきますので、なるべく活用するとよいでしょう。

ショートカットって面倒くさそうで、覚えてしまうと、手がその形をするのに慣れてきますので、特に面倒ではなくなりますよ。
逆に、マウス移動が大変と感じるくらいにはなります。

よかったら使ってみてくださいね。

今回は以上です。

お疲れ様でした!

関連コンテンツ