四ツ目神 -図解攻略-「形代」 ネタバレあり

2021年1月9日

今回は、四ツ目神の「形代」を攻略していきます。

図解で分かりやすく解説していきますね。
※画像は全てアプリからの引用です。権利者様からの要請があれば速やかに削除いたします。

四ツ目神-「形代」攻略

では順番に解説していきます。

短剣の入手

拝殿内の右側にあるタンスをタップして調べます。
アップが表示されます。
左側に

三十四ノ四
二十九ノ六
二十三ノ五

と書かれていることを確認しましょう。


拝殿前に移動します。
タガタがいるので、お話を伺います。「手に持っている本について」を選択します。
話の途中で選択肢が出てくるの「聞いてみる」を選択します。
もし「遠慮する」を選択した場合でも、「手に持っている本について」から聞き直せば再度選択できますよ。
歴代の神主を読み上げてくれるタガタ。
34代目、相良国彦(さがらくにひこ)に着目。
次は29代目、相良虎五郎(さがらとらごろう)に注目。
最後に23代目、相良徳永(さがらとくなが)をチェックします。

タンスに書かれていた文字は

三十四ノ四
二十九ノ六
二十三ノ五

でしたが、最初の数字は代を、次の文字は名前の何文字目かを指定しています。

34 → さがらにひこ
29 → さがらとらろう
23 → さがらとなが

対応させると「く・ご・く」ですね。


拝殿内に移動して、タンスを調べます。

文字の下の「零」と書かれている部分は、タップするごとに数字が変化していくので、「九・五・九」となるように入力しましょう。
左側が開いて、中から短剣が現れます。
タップして調べます。

短剣が手に入ります。

形代を見つける

鳥居に移動します。
鳥居の右側の根元をタップして調べます。
根元のアップになるので、短剣をタップして選択してから、絡まっている葉っぱをタップします。
草をとって感動の真依ちゃん。
柱に文字が2列並んで記されています。
この2列の文字を縦2つを組み合わせて文字にします。

木 + 一 → 
土 + 平 → 
金 + 令 → 
T + 、 → 

カラはそのままの読みです。

「本坪鈴下カラ」

「下から」というのは、この文章の下に書いてある目のこと。

「目が指す方向を下から順番に」という意味になります。

「右・左・左・左・右・右・左」の順番です。

本坪鈴というのは拝殿前にぶら下がっている、綱のついた鈴のこと。
このステージのタガタとの会話で、「本坪鈴」が出てくるので、それがヒントになっていたんですね。

この順番で本坪鈴を鳴らします。


拝殿前に移動します。

本坪鈴の綱をタップすると引っ張ることができます。
「右・左・左・左・右・右・左」の順番でタップします。

「賽銭箱が開いたよ!」という真依ちゃん。
ここだけ見ると賽銭泥棒なんですが…。

形代が手に入って、このステージはクリアになります。

次のステージ

>>>四ツ目神 -図解攻略-「此岸帰り」 ネタバレあり

前のステージ

>>>四ツ目神 -図解攻略-「墨と筆」 ネタバレあり

四ツ目神攻略まとめ

>>>四ツ目神 図解攻略まとめ ネタバレあり

おわりに

鳥居の根元の暗号が全く分かりませんでした。

四ツ目神のアプリ

四ツ目神 【謎解きノベル×脱出ゲーム】

四ツ目神 【謎解きノベル×脱出ゲーム】

SEEC Inc.無料posted withアプリーチ

アプリはこちらからどうぞ。

パソコンでスマホのアプリを遊ぶ方法

パソコンでスマホのアプリを遊ぶ方法について解説しました。
>>>パソコンでスマホのゲームをプレイするBlueStacksを解説

他のスマホアプリの記事


 

関連コンテンツ